スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ・・・・・ 感激のさくらんぼ 

昨年夏より  休眠していたブログ。。。
実は今までで一番訪韓回数が多かったりしてました。
と同時に色々な事がボリュームアップ。FBでのご報告は日々でしたがこちらまで到達せず

が、少しずつ ぽつぽつと復活します。
ぽつぽつ と。。。 ブログとは言わず、【記録簿】 
そんな気まぐれstyleで始めます。

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

朝一の ピンポン♪ に。。。 意を決して出ました。(無精なもんで)

すると、見知らぬ方からの贈り物。
でも、その箱の文字”さくらんぼ”にくぎ付けで受け取ってしましました。
さくらんぼ アップ

どなた様からの贈り物かは、解決済み!
 ありがとうございます

そして。。。。仕事そっちのけで 【撮影大会】始まり~

美しいビロードの様な輝きは どんな器にも似合う。
さくらんぼ 白磁

炭酸と割ってもおいしそう、どれ? うう~~これは参りました。
さくらんぼ クリスタル

『一秒ごとに食べるように!』(連続してはならぬ)
という、教えを1秒で忘れます。

佐藤錦
やはり、旬のものは美味しいし、美しい!

では、さくらんぼちゃんのお写真をどうぞ
さくらんぼ お友達
さくらんぼ 三つ子ちゃん
さくらんぼ3

さくらんぼ 木皿
    小鹿田焼きと
     さくらんぼ小鹿田焼き

ご馳走様です!
 

スポンサーサイト

ナカシマ パン 

クルミやナッツが入ったパンは大好きです。
更に、レーズンとか入ってると即買い!

大分のチーズといえば、【うらけん】さんのチーズですが最近は手に入らなくって・・・寂しいなと思っていたら!
SNS情報で、なんとご近所のパン屋さんに、うらけんさんのチーズを使ったパンが1週間限定で出ると。

"komugiyaサンド
(由布院うらけんチーズ工房のクリームチーズと生ハムをいちじくパンでサンドしました)"

ナカシマ パンやさん

速攻行きました。そこのパン屋さん事態人気らしく、朝7時から空くのに午後には品切れも多々。
私が行ったのは昼過ぎ。予想通り、うらけんさんのチーズを使ったパンは完売でした。

聞くと予約できる。では予約しましょう~。
木曜の朝10時に2本予約。

でも、まずは人気のイチジクパン等購入。あつ 美味しい。
DSCF3202.jpg

これは木曜が期待大!!

雨が降る木曜に行ってきました。


イチジクパンにはさまれた、うらけんさんのチーズと生ハム。(手前のパンです)
ちょっとイチジクの味が強かった。もう少しチーズの分量があるんといいのだけれど。。。。
DSCF3204.jpg

でも、ご近所に美味しいパン屋さんがあるのは嬉しいですね。
店員さんや、お店の感じも良かったですよ。

【komugiya ナカシマ】
大分市西大道1-1-63
第5大成ビル1F
TEL:097-546-6120
OPEN 7:00 CLOSE 18:00

神楽女湖~しょうぶ園~ 

旅行記と同時進行に、日々のこともアップ。
何時息切れするか分からないですが・・・・

6月ラストの週末は久々にフリーでしたので、家族デー。
行ってきましたよ!しょうぶの花を見に、別府の神楽女湖
DSCF3195.jpg
金土とお天気が良かったので、一気に花開いたようで満開ですが、ちょっとお水あげたいって感じ。
西日を浴びて、しょうぶがかなり赤っぽい!
DSCF3194.jpg
この時期だけしか人がこないので、駐車場も満車で有料310円なり^^

これら、神楽女湖 お天気がよくって湖面が美しい~~☆ミ
DSCF3178.jpg
遠景にみえるのが、右手が 鶴見岳、左が由布岳です。
DSCF3183.jpg
沼なので橋があるのだけれどお天気なので意味はありませんが、こんな利用を。
ちょっと宙に浮いてるように見えませんか?
DSCF3166.jpg
遊んでたら、カメラを抱えた人たちが撮ってもいいかと!なのでジャンプしてみました(笑)
DSCF3169.jpg
もういっちょ!ジャンプ 楽しかったです。
DSCF3177.jpg
こんな橋がところどころへ。
DSCF3138.jpg
一年株から三年株がずら~~っと並んでいます。
奥の方には品種名の札もありました。肥後のが多かったですね~。
DSCF3186.jpg
DSCF3190.jpg
”しょうぶ”って濃い紫というイメージがありますが色とりどりですね~。
お天気がよくって、歩くのにはいいんですが、やはりこの時期のお花は雨が似合います。
少しずつ形の違う、しょうぶをご覧ください。
DSCF3152.jpg
DSCF3147.jpg
DSCF3145.jpg
DSCF3144.jpg
DSCF3140.jpg

しょうぶ 菖蒲
5月の節句でも菖蒲湯とかしますよね。古来からなじみのある植物です。薬草でもあるらしいですよ。
蒸風呂でもつかわれたり・・・

◆よく、菖蒲、あやめ、カキツバタの違いってなに?ありますよね。
比較したサイトがあったので参考に 
一番分かりやすいのは、花びらだそうです。
花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別できます。

そして・・・やっぱりですよ。
【菖蒲色】 こちらのサイトでがわかると思います。
日本の伝統色でもあります。紫に近い色です。

※場合によっては 菖蒲色を”あやめいろ”と呼ぶとか でもそうなると赤紫ぽいです。
”菖蒲色(あやめいろ)とは、菖蒲の紫の花の色に似た赤味がかった紫色のことです。「あやめ」は花の色も呼び名も美しいことから、古くから用いられた色名ですが、もともとは襲の色名で「表・青、裏・紅または紅梅」が夏に用いられました。染め色として現れたのは後世のこと。江戸時代の染色技法の指南書『手鑑模様節用』には「あゐかちたるをききやうといふ、赤みかちたるを、あやめと、となふ」と記されています。 ”
 ~日本の伝統色~ より お借りしました。

神楽女湖
別府の観光サイトにも詳しくありますよ 
観光協会 にも 

千年ロマン~小説モデル夫婦の跡をたずねて 

ここ最近外出が続いています。

さて、こちらは~千年ロマン~というイベントの一環で、気になったツアーに参加してみたときのことです。(5/11)こちら

【千年ロマン時空博2014 おもてなしぷらん~ 文楽好きの”ぼんぼんと芸者”の行方は 小説「夫婦善哉」のモデル夫婦の跡を訪ねて~】

ちょっと前に、NHKのドラマで【夫婦善哉】があったのですが、別府が舞台になると聞き見ました。

そして今回の企画。私は全然知識なかったのですが、作家の【織田作之助】が書いた小説【夫婦善哉】のモデルは、彼の姉夫婦だったそうです。その姉夫婦が大分は別府にいて商売していたときのことが小説に・・・。

こんな機会でもないと、いつも温泉ばっかり行くご近所の道を歩くこともない。
初めて知ったことが沢山でした。コースの内容

まず、別府って世界から寄港しるほどの 観光地(保養地)
同じく、財閥や、企業の保養地や別荘が沢山あったそうな。


確かに、文豪や画家とかきた跡があるよね。チャップリンの弟さんも来たらしい。

戦前の別府の華やかさ

建造物ももともと別荘地や保養所だったので 素敵な洋館とか多い

歩きながらのこのツアーは11名で関東からの参加者もいたのは驚きました!
案内してくれるのは、地元新聞記者さんで、”懐かしの別府ものがたり”とうシリーズも書かれていたそうです。

モデルになった、山市虎次さん千代さんがしていた料亭「文楽荘」は600坪だったとか。
今はもうアパートになっています。
DSCF2128.jpg

昔はよく見られた石垣は別府石を使っていたそうな・・・

この地区は別府駅の裏あたりなんですが、現在は多くが住宅地になっています。
やはりその昔は保養地や別荘、料亭で100坪単位のお屋敷がたくさんあったのでしょうが、切り売りされて・・・・
時々面影の残る建造物があります。そんなのを見つけるのも楽しいですね。

老舗の文房具屋さん ポストがかわいい
DSCF2130.jpg
今も健全の温泉。看板の書は有名な心清さんとか
DSCF2131.jpg

洋館(旧野口病院) 登録有形文化財 です。大正11年建築で現在は同病院の管理棟とか
旧野口病院
ガイドの小野さん 銀座裏通りってどんな道~
DSCF2145.jpg
間口の狭い飲み屋がひしめき合ってました。戦争時空襲の被害がなかったので、別府は長屋が残っています。
DSCF2146.jpg
その一角に、小説が出てあとに商売していた、甘味処&小料理屋の「夫婦善哉」今は中華料理店「一二三」
DSCF2149.jpg

面白かったエピソードが、ご夫妻で文楽を楽しまれ、御稽古や発表会も盛んだったとか。その時代流行ってたんですね。
番付というプログラム?に名前がありました。

その会場の一つだった、竹瓦温泉 昭和13年の建物
DSCF2150.jpg
DSCF2154.jpg

こちらもアーケードとしては初の商店街だったそうです。
DSCF2156.jpg

小説でも出てくる”流川通り”ここは当時目抜き通りだったそうです。今もあるこの金物店の隣に出展したこともあったとか。
DSCF2144.jpg

それから、最初の大阪から出てきて商売を始めた夫婦が住んだ家が、現在もあるお菓子屋さんの2階でした。
お向かえの理髪店は現在も営業。ここのご主人は、当時 別府に”銅御殿”と言われるお屋敷にいた”白蓮”に呼ばれて、髪を結ったこともあるとか。(現在の朝ドラでも出てきますよね)
へ~ すごいわ、ここいつも歩いてました!
DSCF2139.jpg

当たり前の風景が、こうして一つの物語を起点にたどってみるとちょっと特別に思えました。
まだまだ知らないことだらけ。そして、なんど路地裏の多いこと!

また機会があれば散策してみたいです。

ROSE WEEK ~ 薔薇 ~ 

~~~~~~~~~~~~~~
薔薇を見てきました。
あまり興味がなかったのですが、行ってみてよかった。やっぱり行かなきゃわからないですね!

大分県は 日出の大神ファームです。(2万坪にローズガーデンやハーブ園があります)
この時期は、ROSE WEEK だそうです。入場料もいつもは大人が500円が800円になります。

こんな薔薇のトンネルにキュンとします!
ローズアーチ

期待以上に美しく咲き乱れる花々に種類の多さ、名前の面白さ、色とりどりでした。

名前なんて私、まったく知りませんでした。しかし面白いですよ~少しですが紹介しますね。
☆ユトリロ 画家の名前だ~ ユトリロ

☆マミーブルー あわ~い色が上品  ☆フリージア  え!!お花の名前が?同じ黄色だけど
     マミーブルー      フリージア
             ☆ツル ブルームーン マミーブルーと似てるよね
          ツル ブルームーン
☆クィーンオブスウェーデン  とっても可愛らしいピンク。花びらの形もプリティ
クィーンオブスウェーデン

園内には数えきれないほどのバラが満開。週末は下見にいってあまりに感激したので、3日後には、両母を連れて行きました。平日なのに遠方からの団体客やらもうごった返していました。
が、園内皆さん非常に穏やかな顔です。やっぱり美しい自然には心奪われますよね。
ローズ棚

☆ウェディングディ 純白なその名は・・・・ ディまでついているのがいいです。
          ウェディングディ

そして・・・とっても気に入ったのがこちらです。何といっても色がいい!!
☆バタースコッチ
バタースコッチ

こちらの園内にはゲストハウスがあり、お食事やお茶もできます。
カフェ
ハーブが一面咲いていて香りもいいしとって気持ち良いんです。カメラマンの川上信也君がここへ撮影に来るたび美味しいって話を聞いていたので。。。。それにこの時期は薔薇ジャムなど使った期間限定スイーツがありました。

☆薔薇パフェ と ベリーCAKE  どちらも薔薇ジャム、ソースがかかっていて美味
パフェ
パフェには薔薇の演出も。持ち帰れました! そしておすすめが、このフレッシュハーブミックスティ
パフェとハーブティ
☆薔薇スコーン 
スコーン
各テーブルにはこんな可愛い薔薇やハーブたちが!見て、食べて癒されます。
卓上のお花卓上の薔薇

・・・といって結局”花より団子”的に。。。あは やっぱりね。スイーツ外せませんから。

大神ファーム(おおが)
所在地:大分県速見郡日出町大神6025-1
電 話:0977-73-0012 アクセス(周辺地図)
定休日:火曜日(但し、祝日の場合は営業)※4月~5月は無休です。
営業時間:9:00~17:00 ※レストラン及びショップは10時からです。

詳しくはこちらへ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。