スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国・ソウル おまけ 

そうそう、駆け足ソウルでしたが買った小物です!

              ボタン
かわいい~、ハングル生地のボタンです。
入れ物ひっくり返して、全部からハングル仕様の全部買いしめました(定員さん指導のも)
でも、5つだけしかありませんでた。

              カード
韓紙を買ったお店で発見!!

ハングルの可愛い色相が、春~を感じました。
もう一つは、パジャギの柄っぽくないですか?


スポンサーサイト

韓国・ソウルへ ⑥ 

ソウル3日目 (2/12 日)

この日はホテルに送迎の車が来るのが11:30。
それから他のホテルを回って、お土産屋に立ち寄って仁川空港へ。

飛行機は15:40だから、13時過ぎには空港到着。(ツアーだと搭乗4時間前にホテルを出ないといけないそうです。知らなかった。)
一番遠いホテルの私達、朝早くどこかに行きたくても大抵お店やなど10時開店。
もし出かけても10:50には戻らないとチェックアウトやパッキングは間に合わない。

なので各自のんびり過ごす。

でもお腹は空くので、隣の『伝統豆腐店』へ。ここは24時間のお店で量も味も良い。
3日目 朝食 豆腐チゲの副食
          3日目 朝食 豆腐チゲ~
           しろ~いお豆腐に生卵を入れて・・・ポグルポグルいってます。
3日目 朝食 豆腐チゲ
石がまのご飯もとっても美味しい。半分すくって、お茶をいれたらお焦げご飯の出来上がり。
熱いので、ゆっくりゆっくり食べ完食しました~。朝にぴったりのメニューです。

それから、ホテル目の前のマートで最後の買い出し
この為に、たった2泊3日の旅なのに70リットルの特大スーツケースを持ってきたのです。
昨日のロッテデパ地下じゃあ足りないも~ん。

キムチや調味料、お菓子、スパム缶等々。
(行きは二人分の荷物が入ったスーツケース13キロが帰りは42キロ、ちょっとオーバーしてますが見逃してくれました。)
ロッテマートや他、農協が近くにあれば行ったのですが、まあ今回はこれで我慢です。

大荷物になったスーツケースを抱え、いざ空港へ。

そうそう途中で立ち寄ったお土産やさんは、市場の倍の金額でキムチやチョコが売られていてビックリ。ツアーで来たのも、もしかしたら今回初めてだったので驚きましたね~。

さて空港での最後のお楽しみは・・・・
知る人ぞ知る『韓国伝統文化センター』でする、無料体験。場所は、チェックインして搭乗口の真ん中です。時間に余裕がないと体験できませんが是非おススメです。今回2月は、丹青の糸巻とカチューシャです。私は前者を先輩としました。
         仁川空港 韓国ブースで無料体験
過去に、ミニ机や、韓紙を体験してとっても楽しみにしていたので、一目散に行きました。

そうそう、最近は王族の行進もみれますよ。
3日目 仁川空港にて

さあ、そしていよいよ最後の食事(機内食でるのに、最後まで食べます)

もちろん韓食

3日目 仁川空港 昼食 わかめ汁定食
わかめ汁定食(汗蒸幕に行ったら食べます。)
            3日目 仁川空港 昼食 カルビタン定食
             カルビタン定食


さすがにこれだけ食べ機内食は食べれませんでした。味見はしましたよ(笑)チラシ寿司にパイナップルでした。

今回は初めてツアーを利用し、実質1日しか動けれませんでしたがかなり欲張ってその1日を動きました。先輩方もいたので、大人しめに飛ばしました。

次回は・・・また”食”中心になるんだろうなぁ。
I氏、Nちゃん短い時間だったけれど駈けつけてくれてありがとう!今度は体調全開でセンメクチュしようね。


韓国・ソウルへ ⑤ 

さて2日目(2/11)の午後は、 仁寺洞 インサドン 인사동へ。

安国駅から入り、別の班と合流(別の班は景福宮見学)
ちょっとお土産屋さんに入って。。。
2日目 仁寺洞 済州島のお茶やさん
最近人気の済州島のお茶屋さん オレンジペコのようなお茶。試飲もできるし、パッケージも可愛いです。
ちょうどバレンタインの前で、人だかり~。

そして、目の前の サムジキル 쌈지길へ。 
2日目 仁寺洞 サムジキル 2
土曜の晴れ。観光客がたくさん。2日目 仁寺洞 サムジキル
2日目 仁寺洞 サムジキルの中のお店

ここで、夕飯の集合時間などを決めて解散。
私達は、遅い昼食へ。 『イモチプ』  ここはソウルに住んでいた頃教えてもらい、通っているお店です。場所柄、芸術家が集まります。
ケジャン専門店でもありますが、いつもジョンやプルコギで終わってします。韓定食の店といっていいほど美味しいお店です。 この時は、夕飯のカルビが数時間後に控えているので軽くジョンとマッコリ。
2日目 仁寺洞 イモチップでランチ
いつ来ても美味しいパンチャン(副食)とおばちゃん笑顔。賄い用のチャプチェもサービスしてくれました。
2日目 仁寺洞 イモチップでランチ. モドゥンジョン
何も言ってないのにマッコリが2本も!でも飲んじゃいました^^おいしかった~。
              2日目 仁寺洞 イモチップでランチ. マッコリ-1
おばちゃんが、またソウルに来たら挨拶しなさいよ!って、言ってくれ嬉しかったです。

お腹も満足したので、仁寺洞をあちこち~お土産を買ったり、あれこれおススメをご紹介。
私は韓紙や、国際刺繍館でボタンなど買いました。

そうそう冬の名物ホトックも食べました。この時期のものだし~!!私達がお店の前で食べてたら、なんと見る見る間に行列が・・・意図してたわけではありませんが宣伝マン状態でした。ちょっと熱くてやけどしました。中の黒蜜がとっても熱いので皆さんもご注意です。

ここからは歩いて明洞へ移動(15分弱)地下鉄は中途半端だし、タクシーはこの時間この場所は渋滞。
清渓川 チョンゲチョン 청계천 は一部凍っていました。 

ちらっと、ロッテの免税へ。 (無料で頂けるお土産は、チャン・グンソクのフャイル二枚組。誰か欲しい人差し上げます)私はその間に両替。手持ちのウォンが少なくなったので、手っ取り早くロッテデパート前のキヨスクみたいな売店で。(ここ便利ですよ。旅行で土日って時は銀行が開いていないので利用価値あり)手数料なしで2/11現在 1万円が143000ウォンでした。

今度はロッテのデパ地下へ移動。皇帝海苔やキムチ(あちこち試食して決めたのが、今回初めて黒いパッケージの、朝鮮ホテルで出してるキムチを購入、美味しい!)食材をちょこっと購入。伝統お菓子も食べたい、スイーツも買ってホテルで食べたい~とか駆け足で見るだけ。時間が無い~~(19時待ち合わせ)
一旦、待ち合わせたロッテホテルロビーへ。そこで話し合い再度お買いものタイムへ^^
(私達は翌日早いので、実質この日しか動けない、買えない)と、いっても大量には持てません。ほどほどに~

さて、すぐ近くのカルビの美味しいお店にいくので、念のためロッテホテルのお兄さんにお店の事を聞いたらなんと20:30で閉店。この時点で20時過ぎていたので敢え無く別のお店へ。

でも、ロッテホテル正面のハナ銀行裏手は、沢山のカルビ屋さん。現地のアジョシ(おじさま)に電話で聞いたら、あの辺りはどこも美味しいからケンチャナヨ(大丈夫)あ~ウリナンピョンと別場所で飲んでるので適当な回答だ(笑)
で、入ったお店は『長安門』白に黒文字、漢字の看板です。11名が入れるお座敷もあるお店なのでね!!
この寒いのにお店の外でお肉を焼いてる、アジュンマ(おばちゃん)の呼び込みと笑顔で決定。

ご希望のカルビにユッケ。さらに、サムギョプサルも頼みました。
2日目 夕飯 カルビ
         2日目 夕飯 ユッケ
         ユッケは今日本で食べれないので、貴重~。マシッタ~
2日目 夕飯 全員!?で-1I氏とN氏と-1
地元のお友達も次々合流してくれて、ワイワイ賑やかでした。

その後!?もちろん数人で『ホップ』へ
※ホップとは、生ビールが飲めるお店です。閉店が12時で入店が11時でしたが。
久々の再会なのに慌ただしくおしゃべりして、飲んであっという間に終了。

う~~ん、この日は本当にお疲れ様でした。
この後、汗蒸幕(ハンジュマック)に行く用意はしてたのですが、皆様お疲れで断念。次回行こう。

初めてのソウル、2回目のソウルの先輩方も満喫!?して頂いたようで何より~。
残すは明日1日。   ・・・つづく


韓国・ソウルへ ④ 

ソウル旅行記につづきです。

(2/11 土)東大門駅から、安国駅へ移動

安国駅構内にはこんな素敵なお店も・・・当然まだ開いていないので見るだけ~。
2日目 安国駅

まずは安国駅の1.2.3番出口方面の北村散策です。

          zassi.jpg
最近はいろんな雑誌にこの地区載っています。
          ガイドブック
そして、便利なのがこの『隠れた北村探し』という北村インフォメーションでしかもらえないガイドブックです。(題名を言うと奥から出してくれます。手ごろなサイズで便利。地図付いてます。)
マニアック・ソウルはソウル市が出しています。お近くの韓国観光公社にあったらもらえます。

まずは、北村インフォメーション向かい側の『ジョイナム』ここは、韓紙と古材で家具やランプなどを作っています。(マニアックソウルの本にも出ています)以前色教室のMちゃんが行き、その冊子を見せてもらいました。とっても素敵だったので今回リストアップ先の一つです。後で知ったのですが、ドラマのロケ地でもあったとか!?
2日目 北村 ジョイナム
          ジョイナムの冊子 15000ウォン
冊子も15000ウォンで購入!サイトもありますよ。『ジョイナム

次に、 『漆工房~ソウル無形文化財1号』
            2日目 北村 漆工房
            2日目 北村 漆工房 2
見逃しそうな玄関。ご自宅でもあるので、門脇の呼び鈴で『アンニョンハセヨ~ 見学したいのですが』と。
シン先生は不在でしたがハルモニ(おばあさま)が丁寧に対応してくれました。多分奥様! 漆工房
クロワッサンにも紹介されていました。私は散々悩んで角皿を一枚購入(80000ウォン、5500円)もちろん先生の刻印ありです^^シンプルで使いやすそうです。ハルモニと話していたら先生が帰宅、で事務所に行くからとご一緒させてもらいました。(先生は今年79歳)

『ソウル無形文化財教育展示館』でした。流暢な日本語で別の方が説明してくれました。後で分かったのがこの方も無形文化財のホン先生(先生は天然の黄色染色を復活させた方)冊子まで頂きました。感謝!
              北村 ソウル無形文化財教育展示館 ホン先生と-1
この日は、ソウルでただ一人の『ふるい』の無形文化財の方と『民画』の作品展がありました。館内のおじ様達は何と皆さん、漆のシン先生やホン先生、そしてオンギ(陶芸)や玉の無形文化財の方ばかり!!
           2日目 北村 ソウル無形文化財教育展示館

この後、北村を北上。お天気にも恵まれ最高^^
次に目指した『ウリピッカル工房』は、玄関のセキュリティーが壊れて二時間後に開きます。とインターフォン越しにいわれて断念しました。
でもここらへんは歩くだけで楽しい。北村韓屋通り です。
北村 5 北村韓屋通り北村 6 北村韓屋通り 32北村 3北村 1
クリックすると大きくなります

登りついた辺りに『北村東洋文化博物館』があります。サイトは ここは個人所蔵の博物館です。入館料5000ウォン
 北村 4 北村東洋文化博物館. 入口
一階から二階へはお庭を通って。お庭からお隣が見えました。プール付きの豪邸!!この辺りは昔貴族達が住んでいたそうなので豪邸がたくさん。高い塀や、高台からなのでちらっとしか見えませんがね。(やっぱり昔からお金持ちは高台なのですかね)
           北村 7 北村東洋文化博物館. 階段
北村 2 北村東洋文化博物館
ここからの景色はとってもよかった。景福宮も見えるし、山も見える!
次にすぐ近くの伝統工芸・天然染色・伝統組紐工房『ハヌルムルピッ』へ。ですが、冬は寒くてしていないと言われました。残念。
 
陶磁器の『yido』やその界隈のポジャギや刺繍の博物館にも行きたかったのですが今回はここまで。時間も12時が近くなってきました。
そのまま、西へ下る感じで(景福宮の背後を周る) 三清洞へ移動。(歩いて)途中の建物あれこれ~
三清洞 3三清洞 2.

そして『ソウルで二番目に美味しいお店』で、』 軽く腹ごしらえ。
人気の、お汁粉です。日本と違い、こしあん寸前で、栗や銀杏、豆にお餅がたっぷりはいって美味しい!6000ウォン。お店は常に満席状態で外で並んで待ちます。テイクアウトもできます。
三清洞 4
2日目 三清洞 おしるこ 6000ウォン
2日目 三清洞 おしるこ屋のメニュー

この地区に入った途端、一眼レフを首から下げた韓国人がたっくさん。天気もいいので家族連れやカップルなど人だかりです。韓国でもすっかり人気スポットでカジュアルなお店も沢山出来ています。
              三清洞 1

人だかりを横目に、次の目的地の付岩洞 부암동へタクシーで移動。さらに北上します。ソウル鍾路区の付岩洞。位置的にはちょうど景福宮や青瓦台の山を挟んだ後ろ側になります。最近は新しいお店がどんどんオープンして、将来は第2の三清洞のような街になる可能性の高い所。新しいデートコースとしても人気があるようです。
MONO COLLECTION
getImageCATKP94A.jpg
我が家の韓国料理主催の、奈佳先生のご自宅で見たクッションカバーが忘れられなくて今回やっとたどり着いた。
行きつくまでに近所のファッションデザイナーの女性や、タクシーのおじさん達に道を聞き、お電話もして順序を教わりました。ほんとに小さな看板?なので見過ごします。(軒先のテント、紺地にお店の名前が書かれています。正面からの写真は道を渡らねばできません。)おばあさまが、入口から覗いていたのでたどり着いた~。お店はちいさいですがやっぱりとっても素敵なファブリック達。希望の品が沢山あれば後日ホテルに届けてくれるそうです。(今回は見るだけでした)とっても洗練されていている作品ばかりにため息でした。

駆け足で、北村・三清洞・付岩洞をめぐりました。まだ行けてない場所がたくさん。でもやっぱり北村をもっとじっくり回りたいですね。
さあ、ここから別の班とちょっと合流の為、仁寺洞へ。つづく・・・

韓国・ソウルへ ③ 

朝食で満腹なお腹をさすり・・・東大門方面へ歩いて移動。

いつもなら、ポジャギの布や小物を求めてあっちこっちですが、さすがにまだ9時過ぎの市場は開いていません。
包装店・文具店の脇を通り、登山道具エリアで、あの組みひものお店ニューシンサを横目でみて、金物やエリア、
そして、食堂通り(タッカンマリや焼き魚屋が立ち並びます)で、東大門総合市場でちょっとだけ覗きました!!


インテリアですから、ファブリックです^^

通りすがりに足を止めたお店がこちら『서진장식』東大門総合市場のA棟 1107
カーテンのお店の前には道を挟んで寝具。両々のお店のサイトはlanovia

先輩とあれこれ手に取り、価格を聞いたり。
早朝にも関わらず、お兄さんは丁寧に応えてくれましたよ。
2日目 カーテン 市場調査

斬新なデザインのカーテン達。国内品がほとんどですが、国外品も取りそろえていて時間がたつのが早過ぎ~~
後ろ髪魅かれる想いで移動しました。

サイトにも載っていました。こちら
2日目 カーテン 2 
国産品 
            2日目 カーテン
国外品 まるで和紙のよう!

~~~~~~補足~~~~~~~~~~~
もっとじっくり一日中つかって何度も来たいエリアですね~。
布や小物、金物や文房具とか本当に見ていて楽しいです。

東大門といえば、皆さんファッションビルに行くことが多いようですが、
こちらのエリア(地図)も楽しいです。

東大門駅から鍾路5待駅の間には、東大門総合市場(ABCDの棟があり地下から地上7階まで楽しめます)
他にも、鍾路シンジン市場、タッカンマリ横丁、焼魚横丁、登山用品通り、鞄、陶器、薬・・・、広蔵市場(おもに韓国布や小物)  広いです。

市場なので夕方5時ごろには閉店です。お昼ごろにはどこも開店してとても賑やかです。
一駅歩くつもりで、ウインドウ?通りショッピングが楽しめますよ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。