スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルフード! ① 本家ソンカルグクス 본가 손칼국수 / タン 

2013年9月 ソウルでの後半お食事編です!

◆大邱ツアーでお会いしたコリアトラベルの記者の 町野さんにお会いできました!!
彼のブログはアートなので、いつも楽しみに拝見しているんです。
でお食事は・・・何だっかな~ タンです。(何タンか覚えていません)
DSCF7341.jpg
DSCF7342.jpg


†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*

お次は・・・ランチに行ってきました。ククスです。日本のうどんのようなものです。
DSCF7348.jpg
【本家(ポンガ) ソンカルグクス 본가 손칼국수】
24時間営業が嬉しい!黄色い看板が目印です。

奈佳先生が8月にいかれてて、そのお食事処を数か所追いかけました。(ノリエモン日記)

場所は、学生街の 「建大(コンデ)入口(イック)」地下鉄2・7号線で行けます。
駅から、建大味の通り(うまいもん横丁)건대 맛의 거리~みたいな商店街を入ると割と最初の方にありますよ。
DSCF7344.jpg

DSCF7361.jpg

DSCF7347.jpg

残暑の中たどり着いたよ~。ランチの時間は過ぎていたので店内は空いていました。韓屋のお店がいいでしょ。
DSCF7351.jpg

おススメのメニューのパンゲタッカルグクス(半分の鶏が入ったククス)とマンドゥの入ったシゴルマンドゥクッを注文!
DSCF7352.jpg
こちらのキムチはあっさりしていますね。好きです。
DSCF7353.jpg
・こちらが半分の鶏が入っている【パンゲタッカルグクス】です。ほろほろしたお肉を塩で頂きます。
これ行けます!タッカンマリ(鶏一羽)も大好きなので嬉しい。鶏好きの仲間と来たいですね。
DSCF7357.jpg
そして、【シゴルマンドゥクッ】まあ田舎餃子って感じですかね。
しかしこれ、おばさまが奥でもちろん手作り。大きいんです!!しかもモチモチしてるし。
どちらのスープの濃厚で、麺がどんどん吸い上げる~~~。
DSCF7358.jpg
DSCF7359.jpg
こう見えてもかなりのボリュームで、御出汁もしっかり出てていた美味しかったです。
書いてたらまた行きたくなったなぁ~。

【本家 ソンカルグクス  본가 손칼국수 】
・場所:ソウル広津区華陽洞9-91番地ケパスプラザ1階
・観覧時間:24時間
・休館日:年中無休
・ 関連 URL :
・行き方:建大入口2番出口スターバックスのあるところから左に約200m

スポンサーサイト

夏のスイーツ達!パッピンス^^ 

もう7月に入りました。一年の半分を過ぎたところで・・・
昨年の秋から忙しくなり、かれこれ韓国旅行のアップが滞って半年以上・・・・

その間に4回訪韓してたりします。(201309のは除いて)

なので、いつもは時系列なのですが記憶を記録としてさくっとまとめてまいります。
(そのサクッともこれだけ貯まるとね・・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年9月の際に食べた、スイーツ達です。

丁度ソウルに行く直前に奈佳先生がソウルに行っていたので、食事も、ススイーツも追いかけて行ってみました!
(2013,9月の話です) 先生のブログ 【今日も食べようキムチっ子~我が家の韓国料理教室】

☆現代デパートの「ミルタップ 밀탑  Meal Top」 2012年ごろから人気らしくてやっといけました。
普段行かない江南地区

この日は、ちょっと用事があってその合間に行ってきました。ワクワク~~
来た~~~これね。まさに パッピンス 팝핀스 小豆がのった氷です。
DSCF7375.jpg
男子率も高いです。いやいや行列と聞いていたんですが、ちょうど4時ぐらいでふっと席が空いていましたので、すんなりお席へ。タイミング良いです。
DSCF7379.jpg
フルーツのも気になるけれど、まずはベーシックなのを注文しました。
10400818_10152152184332050_5617132450215568217_n.jpg
氷も最近は、台湾かき氷の”華雪氷”が多いですね。その方が食べやすくて好きです!
(牛乳と砂糖で作った氷です)
DSCF7382.jpg
で・・・・これが嬉しいんです↓ 小豆とお餅のお代わり~(無料)
DSCF7380.jpg
あんこは甘すぎずに、粒がしっかり。お餅も程よい柔らかさ。これは男子といわず老若男女に人気なわけですね
こちらのお店”大邱 テグ”にもあるんですが・・・大邱のレポートは ユッキーさんのブログでご覧ください!

「ミルタップ 밀탑  Meal Top」
住所: ソウル特別市 江南区 狎鴎亭洞 429, 現代百貨店 狎鴎亭本店 5F
(서울특별시 강남구 압구정동 429, 현대백화점 압구정본점 5F)
電話番号: 02-547-6800
営業時間 10:30~22:00(ラストオーダー21:20)
休業日: 月1回月曜日(不定休)、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休 ※現代百貨店に準ずる
日本語:不可  その他外国語 英語
支払方法 :ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄3号線狎鴎亭(アックジョン、Apgujeong)駅 6番出口 直結
コネストのこちらにくわしくありますよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お次は、朝食後のブレイク!(朝からです)
チョンノのシネコン下のコーヒーショップでいただいた、パッピンス。
DSCF7487.jpg
フレークたっぷりです。まぜまぜしないと、氷が普通なのでカキ~~~ンとしちゃいます。
やっぱり華雪氷がいい。でも”きな粉”がかかってるのは嬉しい。練乳は当然です!!
DSCF7484.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そして、マンゴー大好きなので行ってみたかった MANGO SIX マンゴーシックス
(ソウル市役所店)←ソウルナビ、(ソウル市役所店)←4トラベル
場所的にはカロスキル店狎鴎亭店が有名ですが、私の行動範囲の近場で探しました。

大きくない店舗で、カウンター席があります。いいのだ
 10418864_10152152184337050_241545350088022776_n.jpg
DSCF7409.jpg
トッピングはちょっと控えにして・・・マンゴーアイスとマンゴゴロゴロ。
DSCF7413.jpg

 MANGO SIX マンゴーシックス
住所:ソウル市 中区(チュング) 武橋洞(ムギョドン) 45/ 서울시 중구 무교동 45 / 서울시 중구 무교로 21
電話番号: 02-318-0541  営業時間 8:00~23:00
休業日:年中無休  クレジットカード:可   日本語 :不可
喫煙::可
行き方 地下鉄1・2号線シチョン(市庁・City Hall・132/201)駅4番出口から徒歩約3分。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
こちらは、明洞で両替した帰り、あまりに暑くてブレイク!
なんだったかな? でも綺麗な色
DSCF7448.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ラストは、仁川空港 LCCのターミナルでフレッシュジュース!
店内もオレンジカラー!!ビタミンたっぷりて感じです。
DSCF7538.jpg
LCCは以外と時間がない。そう、歩かされるのです。なので、ここで座ることもなく・・・・搭乗口へ移動。
DSCF7540.jpg
ストローにこんな心遣い嬉しいよね。思っていた以上に美味しかったです。
10487186_10152152184342050_1565464050392093786_n.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もう今年も暑いし~またパッピンス食べたいな~

サムスン美術館Leeum  삼성미술관 리움 ③ 

美術館のおまけです。

企画展を見た後は・・・・常設展に移ります。

この時の旅は、時間に余裕があったので?いや違う 見るために行ったんだ。
だから、ゆっくり~
写真正面の部屋の入口は、何とキラキラ。えっクラブって
10437424_10152152114742050_8225719403633126326_n.jpg
こっちの企画展まで行く時間がなかった~でも壁紙とか大胆!
10462669_10152152114717050_1231920697169622726_n.jpg
そうそう、チケット売り場にはこんな作品もお目見え。
10394789_10152152114757050_6121148841939967232_n.jpg
見上げる天井
    10486783_10152152114722050_4255362701950754208_n.jpg
更に、この下からの眺めてわかるように、らせん状に展示室が展開されています。
螺旋ってなんだか非日常的な感じがして、ワクワクしませんか?
そーいえば6月いった 美術館もそうだった。
10440763_10152152114912050_2579742465288148155_n.jpg

常設展では、解説イヤホンを貸してくれました。あれ?有料だったかま?たぶん無料。
びっくりしたのが、さすが”サムスン” 作品の前にいくと自動的に説明をしてくれます。
いや~とっても便利です。赤外線化何かで感知してなんでしょうね。
自分のペースで見れるので、こういうのもっと広めてもらいたい。

常設も見ごたえあります。っていうか、数凄いです。部屋もたくさんです。
詳しくは、こちらの常設展ページを参考にしてくださいね。
時代ごとに、国内外の作品がお待ちしています。

ミュージアムショップは閉館ギリギリに横切っただけ!だから写真も横切り
10492459_10152152114897050_7209040193653168082_n.jpg

それから、ピクトグラムもシンプルで見やすかった!
参考、記録としてアップします。壁紙の白に黒 うんいい
10462969_10152152114907050_6166151287579421959_n.jpg
10450976_10152152114902050_5719024673036698812_n.jpg
     1520816_10152152114917050_7309027672235727418_n.jpg

また今度ゆっくり行ってみたいなぁ~

サムスン美術館Leeum 
ソウル特別市 竜山区
イテウォンロ55ギル, 60-16
(TEL) 02-2014-6901

サムスン美術館 ② ~カルディ展 Calder 

引き続き ソウルにある美術館のお話。

野外彫刻をみたら・・・入口は緩い下り坂。遊び心~♪
DSCF7330.jpg
で左のガラスに映ってるのが、ガーデンの影でワイワイやってる学生たちのシルエットがいい感じ。
DSCF7333.jpg
折り返して更に下り展示室へ。
入口

企画展の【Calder】名前は知らなくても、こんなモビール見たことないですか?
IMG_4696.jpg

動く彫刻とも言われています。このおじ様(Alexander Calder アレクサンダー・カルダー)の特にモビール作品、私的には、スペインの画家ジョアン・ミロの動く版や、バウハウスのパウル・クレーの色彩を思い出すリンクする作家さんです。(個人的な意見ですので)

しかし、共同企画展だけあって、見どころ満載な内容に ホクホク時間を忘れじっくり楽しみました。
館内は基本撮影OKなので(有難い)嬉しい~ 記憶も、記録も撮りました。

彫金ジュエリー 
IMG_4671.jpg
これ好き~~。これ観たときに写真いいですかって聞いたんです。荷物はロッカーに入れてて手元には携帯しかないので、ちょっとクリアでない写真が続きますが・・・。カエルだよ~
IMG_4672.jpg

彫刻とかどれをとっても、うぉ~っと一人ニヤニヤしていました。折り紙みたいだったりや~何てったって楽しいのです。
見た方がわかると思いますので、ピックアップしてみました。

出来そうでできない。やっぱりデッサン力っていうか読み取って形にするって尊敬する。
(学生時代、彫塑をしていて見るまま写し取るって奥が深かくって・・・)
IMG_4674.jpg
いやいや楽しい!
IMG_4679.jpg
アップじゃわからないけれど。。。。
IMG_4699.jpg
こうしてみると、大きいのわかります?人間のシルエットも一役買ってる。
IMG_4685.jpg
展示の仕方もよかった。でも、学芸員多すぎ~~暇そうだし・・・。もっと静かに見たい。
IMG_4700.jpg
これ欲しかった。
IMG_4702.jpg

IMG_4717.jpg

IMG_4728.jpg

いや~いつもの展示会と違って見上げる距離が違った。そしゃそうですよね、吊り下げられてるし。
モビールって、影も楽しいのです。

さて。。。企画展の後は常設展です・・・・


【Calder】
過去の企画展として、サムスン美術館Leeumnに掲載されています。
こちら

☆お友達machinoさんが行ったときの事書いています。
【韓国アート散歩】この記事

サムスン美術館Leeum  삼성미술관 리움 ① 

昨年の9月のソウルは行きたい場所に行けました!

【サムスン美術館Leeum  삼성미술관 리움 】です。

なので。。。3日目のソウル(9/6)のお昼はイテウォン・梨泰院で頂きました。

私が住んでいた2001年~2003年はまだ建設がでした。

2010年7月発行の、数年前の雑誌 Casa BRUTUS Travel・ソウル・韓国 特集で知ったのです。
まあこの本自体の特集内容はどれも好きな観点から書かれていて、新鮮でした!さすがです。

それからソウルにいく機会は何度もあったんですが今回じっくりゆっくり時間を作ることが出来ました。

お昼を食べた、地下鉄6号線梨泰院駅より一駅 漢江鎮(ハンガンジン、Hangangjin)駅 1番出口 徒歩6分
DSCF7306.jpg

このあたりは外国人も多く、大使館もたくさんあります。しゃれた建築物も多い!
DSCF7310.jpg
セレクトショップ コンクリート緑が程よい地区
DSCF7308.jpg
DSCF7315.jpg

あっ 目印見えてきました。
DSCF7311.jpg
高級住宅街って必ず坂の上ですよね。こちらも漏れなくそうです。
右手に見えるのが、美術館の駐車場。
DSCF7314.jpg

緩やかな坂を上ると見えました。美術館!!世界の建築家3名(スイス、フランス、オランダ)によって建設され私立美術館でも莫大な規模!!さすが世界のサムソンですね。近代的な建物

さあまずは屋外展示物です!!

この赤いのはまるでチーズ!(赤いけれどね)
奥の球はAnish Kapoor(アニッシュ・カプーア)の 【Tall Tree and the Eye,2009】
球面に移りこむ景色が面白いし、その素材の密度高!
DSCF7317.jpg
行ったときの企画展 【Calder】のモビール作品で ”巨大なしわ  / Grand Crinkly 1971”
  白いスニーカー履いてるスポーツ選手にみえたりする~~
DSCF7319.jpg
街を背景にすると、ペンギンに見える(完全にグレーの色に支配されています 笑)
DSCF7323.jpg
バックに見えるのがサムスン児童教育文化センター
ああ。。。重量挙げに見えちゃう・・・
DSCF7334.jpg
これら野外彫刻庭園はデッキで、下には駐車場。
そしてマリオ・ボッタの建築デザインの象徴といえるらしい、直方体と逆円錐形の形の建物はミュージアム1
DSCF7325.jpg
で、裏手の方には・・・実はこういうのが一番好きだったりする。コンクリーやレンガに絡む蔦のグリーン。ひっそり激写
 DSCF7321.jpg

さて、室内い入りましょう!!

サムスン美術館Leeum 
ソウル特別市 竜山区
イテウォンロ55ギル, 60-16
(TEL) 02-2014-6901

★Casa BRUTUS Travel 2 ソウル・韓国(201009発行)にも建築物が紹介されていました。
Casa BRUTUS Travel 2 ソウル・韓国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。