スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルへ3/17-3/20 ③ 会食会 

・・・書いては消え、書いては消え・・・やっとアップ(涙です

ソウル3日目です。3月19日(月)

今日はあれこれ忙しい~~!盛りだくさんです。

まずは10時から李賢淑先生宅へ御呼ばれ~~ 会食会』 です
(先生は、ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中料理研究院の郷土料理講師です。また私が福岡で色教室をしている”ぱらん まだん”の主宰kana氏の、ポジャギの先生でもあります。私も何度か工房へお邪魔しています。)

今回訪韓前に先生がご自宅でお料理教室をしているとお聞きし、急きょお教室参加をお願いしたんです。急きょだったのでお教室は無理でしたが、日本のお弟子さんもちょうど来るのでとご自宅へ招いていただきました。いや~とっても感謝。先生のお料理をいただけるなんて幸せですよ。
tomomi氏から朝食は控えめにとアドバイスいただいていたので、オレンジジュースとサラダだけ。かなりお腹を空かせて伺いました(道中倒れそうでしたが、空腹で正解!)

地下鉄・東大門歴史文化駅から乗り継いで~~、13番出口へ。
こんな看板がマンションにマンション
銀行を横切り、ごみ置き場脇を通り過ぎるとマンション入り口へ。
マンション脇マンション 脇を行くとゴミ箱
にっこり笑顔でいると管理人がセキュリティーをはずし、エントランスへ入れてくれました。
          マンション入口
でもここでハプニング!部屋番号を書いた紙を忘れてしまし、慌てて先生へ電話。
待っててと、言われ待つこと15分??おかしいと思ったら実は慌てていたので午後に会う方に間違ってお電話していました。それに気が付き今度はちゃんと先生に電話。無事、ご主人が迎えに来てくれ救出されました(笑

お宅訪問~!先生とご家族とSY氏にご挨拶。
すでにテーブルはご馳走で溢れ、更に先生は手早くパジョンを作っていました。
『アンジュセヨ』(お坐りなさい)と優しく笑顔で迎えてくれました。
     
         会食会
             右側黒い器のがパジョンでポムトン(봄동;春茎?)
           セッティング中の先生

ご主人が見守る中、私とSY氏で『いただきま~す』
          刺繍のナプキン

メイン料理はマンドゥチョンゴル(만두전골;餃子鍋)
こぶしぐらい大きなマンドゥはおからともやしが入っていて、牛と椎茸のお出汁がしみこみとっても柔らかな優しいお味です。これ、とっても美味しくって先生のすすめ上手もあり4・5ぐらい食べました。
先日福岡メンバーがお料理教室で作ったメニューでもあります。
マンドゥ

それから、パジョン2種類。一つはウンパ(움파;ひこばえ葱)、もう一つはポムトン(봄동;春茎?)これはこの時期にしか食べれない葉っぱだそうです。だからとってもラッキーですよって厚みがあり歯ごたえがありました。これもとっても美味しい~、先生特性のタレがこれまたいい
春の七草みたいな感じですかね。そうそうマートで見つけました。(写真)
         ポムトン

更に、エゴマのコチュ和え、これは法蓮草とトラジ(도라지;キキョウの根)のナムル(나물;青菜の和え物)とご飯をくるんで食べました。最高~ カチ(가지;ナス)のお漬物も今思い出してもよだれが・・・
サラダは、レタスとロースハムにモッツアラレチーズ。これにピクルスとケチャップのソースが最高に合いました。酸味が効いてなんにでも合いそう!
              キムチ・ナムル・パジョン

先生のお料理は、辛くなく優しくいです。なんといってもとっても美味しいし、日本人好みです!

そんなわけで小食のSY氏はもうデザートなのに、私はひたすら食べました。
だって~とっても美味しくって先生も次から次へとついでくださるのです^^
これは体重増加間違いありませんね。

          台所

やっとデザートへ。これまたびっくりするくらい衝撃の出会いです。
       デザート
まずはスジョンガ(수정과;`水正菓)
シナモン茶ですね。( シナモンと生姜を煮出した茶に 干し柿を入れて松の実でお飾り)
ただ、私は干し柿が入ったのの初めて飲みました。先生にお聞きしたら干し柿は高いから入れないのだと。
そっか~勉強になります。干し柿なしだけれど作ってみたい!何杯も飲めますよ
一緒に頂いたお菓子は、 ヤックァ(약과;薬菓)(写真左キャラメルのような四角い茶色) こんなに美味しいのは初めてで驚きました。先生のお友だちが作ったそうです。びっくり!今までの私の中のヤックァのイメージを覆しました。
先生にもお話しましたが、初めて食べたときあまりに油っぽくて油饅頭と話していて、それ以来一度も口にしたことはなかったのです。それくらい口に合わなかった。でも、これは全く違います。あ~また食べたい。
パイ生地のように何層も重ねられサックとしていて、それでいて蜂蜜のしっとりした甘味。
他におこしみたいなカンジョン(白は柚子が練りこまれ爽やか)、手綱形のは、メジャックァ(梅雀果)

どれもこれも思い出すと また食べた~い 
(ご主人にも、とおっそ分けしていただきました。ありがとうございました)

そうそう、新居のお祝いで差し上げた掃除機”ルンバ”活躍しているようでしたよ^^
              ルンバ

昨年お世話になった長男さんや先生のお母様、そしてご主人様とも記念撮影
先生と先生御主人と長男さんとハルモニと

リビングにも先生のポジャギ、柱にはオバンセッ(五色展)の作品を数点飾っていました。
          5色ポジャギ
玄関にもたくさんの手毬。
玄関のてまり作品
ちらっと見えた廊下にもポジャギが・・・”!素敵もっとゆっくり見たい~。ゆっくり眺めたいけれど、工房に生徒さんが来た連絡がありバタバタ失礼しました。(12時半)
わたくし、横綱ばりの歩き方でのっしのっしお腹をかかえ失礼しました。
先生とSY氏は工房へ。。。私は階下の廣蔵市場へ。。。

『배 불러요』(ペ プロヨ;お腹いっぱいです)『죽을 것 같다』(チュグル コ カッタ;死にそうです)

こんなことを呟いてたら、先生が笑顔で応えてくれました

ウフフ 幸せですね~先生 本当にご馳走様でした。
ありがとうございます。

☆先生のブログ 『ポジャギと伝統料理の文化散策』
☆この日のことはこちら


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/159-50ea193e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。