スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸なGW ② 

日田の小鹿田焼を見た後は、近くの田主丸へ移動。
なぜ?それは3月の奈佳先生主宰、我が家の韓国料理で出会った【平パン】です。

チヂミ料理で使用したこの平パン。詳しくは過去のブログこちらへ 
工房が田主丸にあるのです。

3月末から4月初めに福岡の三越でも作品を見て購入することが出来たのですが、言った時はすでに予約受注もストップしていました。なのでGWに工房へ行ってみようと思ってたんです。

 『工房 正島』 さん。先生や久留米のyちゃんに聞くと場所はちょっと遠いと言ってましたが、あれれ?大分県は日田からは車で30~40分です。近い!!それもそのはず。市町村合併で当時うきは郡だった、田主丸が久留米市になったのです。うきはは、日田のお隣です。(県境ですね)
              工房 正島
田主丸は植木で有名な場所だそうです。(今回初めて地名も知った私

場所はちょっと山の方へ。あれ?工房の看板の前には大分ナンバーの車が停車。
おお~来てますね大分からも何だか嬉しいです。
工房 正島 外観
裏には立派な葡萄棚があるお家。日本庭園に面した和室二間が展示室。
工房 正島 広縁を利用した展示
      工房 正島 御庭もすてき
      開口部が明るくて、広縁にも作品がたくさん並んでいます。
      工房 正島 角皿と御茶碗
展示室は、和室の面影を上手に残しながらのお部屋。廃校からの机などを丁寧に磨き上げた机や棚が調和した空間へ。これは何だったのかな?引き出し?下駄箱と想像するのも楽しい。
工房 正島 和室を床の間の展示スペース
白と黒の作品が優しい間隔で並んでいます。
工房 正島 お鍋
       工房 正島 器達
あっ、あっっ~てウキウキモード全開。丁寧に布作家の奥さまが説明して下さいました。
奥さまの布作品と器達。
       工房 正島 器ぷらす布
       工房 正島 布達
工房 正島 布工作業場も

平パンは注文しました。数カ月後に手元に届くのが楽しみです

土物ってぬくもりが伝わりいいですね。
家族も満足しての帰宅でした。

◆お店情報
工房 正島 展示室
〒839-1213
福岡県久留米市田主丸町益生田672-1
0943-72-0651

HPへこちらです 



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/187-34386642

まとめtyaiました【陶芸なGW ②】

日田の小鹿田焼を見た後は、近くの田主丸へ移動。なぜ?それは3月の奈佳先生主宰、我が家の韓国料理で出会った【平パン】です。チヂミ料理で使用したこの平パン。詳しくは過去のブ

  • [2012/05/05 22:32]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。