スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COSTA VICTORIA クルーズの旅 その⑯済州島 

こんなにじっくり済州島を歩くのは初めてです。

地下街から地上へ行くと見えたのが【済州牧官衛(제주목관아)】
せっかくなので拝見!入館料は1500Wです。
  9-4 済州牧官衛 案内板
官衙とは昔の役所のことです。 済州牧官衙(史跡第380号)は、朝鮮時代(1392~1910)済州道の政治・行政の中心地だった役所跡です。重要施設である東軒や内衙などの建物跡も確認されており、その位置や規模もわかっています。これらは観徳亭(宝物第322号)を含め、重要な遺跡地として指定されました。済州に現存する建物の内、最も古い は単層八作屋根という建物で、軒が長いのが特徴です。この観徳亭は兵士たちの訓練場として、1448年に建てられたものです。
官衙施設は1434年の火災により全焼し、その後すぐに復元工事が行われましたが、日帝強占期(1910年8月~1945年8月15日)に壊され、観徳亭以外は跡形もなくなってしまいました。
済州牧官衙を元の姿に戻そうと1991年から1998年まで、4回に渡る発掘調査が行われました。そして建物跡や建築構造が確認され、そこから出土した遺物をもとに、専門家や当代の文献によって2002年12月復元が完了しました。
      ~~~韓国観光公社 HPより~~~

一つ一つの建物の説明が日本語でもありとっても親切でわかりやすかったです。
ココは、友蓮堂といい、貢物をささげる場所だそうです。
  9-4 済州牧官衛 1
一番北にある二階建ては、望京楼 北斗星により王様がいらっしゃるソウルを望みながら、王様の恩徳に感謝し礼をささげていた場所だそうです。 済州島を舞台にした韓国ドラマ「タムナ」を思いだしました。
  9-4 済州牧官衛 望京楼.1
2階に上がることができます。ここからは官衙の全景を一望できます。
  9-4 済州牧官衛 望京楼
こちらは【橘林堂】 牧使が暇なときに碁を打ったり、詩を読みながら休息をとった場所。
マネキンの顔を気になって庭園側にまわってみると?微笑んでいました
9-4 済州牧官衛 橘林堂19-4 済州牧官衛 橘林堂2
当時の様子がこういったマネキンや家具や書物など建物の一部屋で再現されていました。
(ここ夜通ったら、マネキンの人影が怖いかも・・・)

庭園には、色々な種類のみかんの木がありました。
まだ実がなり始めたばかりで、青々と葉が茂りいい香りです。
        9-4 済州牧官衛 みかん園

そうそう、入口脇にある観徳亭裏には、本物のトルハルバンがいました。
我が家にも溶岩でつくった小さなトルハルバンがいます。
トルハルバンは、済州島の象徴であり、街の入口などに立てられ守護神と呪術的な宗教機能を兼ね備えています。
  9-4 済州牧官衛 トルハルバン

ここから、今度はもう少し西へ。目的地は海沿いの龍頭岩です。それを目指して歩く!またしても何か見つけました。

ここは、学校の一部?済州郷校 地方の有形文化財だそうで、地域の人材を育成する教育機関だそうです。
  9-4 済州郷校
塀の向こうに学生が見えました。
        9-4 ...
明倫堂の隣には見晴らし台があり、アジュンマ達がたくさんカメラをとる観顧客が珍しいのかじっと見られました。休憩中だったのかしら?のどかです。
  9-4 ....2
9月とは言えまだまだ、蒸し暑い済州島。こんな昼間に歩いているのは私達ぐらい。たまに通り過ぎるのは買い物のお爺さんぐらい。全身運動で汗もびっしょり。それでも大して騒音もなく静かで、平たい景色(高層建築物がさほどない)は、いくらでも歩けるのに十分な要素。

さあ、いよいよ海岸沿いへ

済州牧官衛
済州特別自治道 済州市 三徒2洞 43-3 / 제주특별자치도 제주시 삼도이동 43-3
電話番号 064-728-8665(済州文化遺跡管理事務所)
営業時間 9:00~18:00 (入場は17:30まで)
休業日 年中無休

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/309-802b09f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。