スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国建築文化探訪の旅 その3 

全洲に着いたのが19時前。(正確には夕飯場所です)

その途中面白い事がありました。車内はあれこれガイドさんのお話があったりし、いつの間にやらお休みタイム。ふっと眼がさめると、うす暗くなっています。で、高速道路を走っているのですがそろそろ標識に全洲が見えてもいいのでは?と思っていいました。なんか違う方向じゃないガイドさんもそう思ったのがしきりに標識を確認。すると!!!!なんと高速道路の分岐点でまさかの逆走ひ~~まじですか。
そして、しばらくするとちゃんと標識に全洲が出てきました。皆これにはびっくりでした。
これ日本なら、ツアーだしお金払ってるし、事前にナビに設定しとくでしょって。ソウルなら任せとけって運転手の朴さん・・・恐れ入りました。

更に、もうひとつあるとよ~~
全洲インターを降り市内へ向かい、夕飯場所にまっしぐら。なのに、また道間違えてぐるぐる。
ナビに沿って行ったら~~とか言ってました。なのでガイドさんがお店に電話してあれこれ説明しやっとこさ到着。これもさ~やっぱり事前にナビに設定しとくもんでしょ。と、思うのが日本からのメンバーの心中でした。
まあ、到着すればいいんだけれどね

~~~~~~~~~~~~

全洲はソウルから南下した場所にあります。人口は60万人ぐらいで、全羅北道(道は日本の県にあたります)の道庁所在地。2002年のサッカーワールドカップの開催地のひとつでもあります。
食に歌(パンソリ)紙・・・韓国の様々な伝統文化が息づく地域です。
 
こちらの全洲ホームページには日本語もあります。最近はNHKの町歩きで韓屋村が紹介されています。
また全羅北道訪問の年でもあり、ソウルからは旅行者に嬉しい無料バスも出ています。(詳しくは、韓国観光公社のこちらを 


さあ夕食は、全州と言えば【ビビンパップ】で有名です。

王道のこちらのお店に行きました。【古宮】 ホームページはこちら(ハングル)
このお店はソウルに住んでいた時、友人達が遊びに行くると明洞のお店(支店)に連れて行ったたので懐かしいです。本店にはじめてきました!門が前も立派です。
      10-23.jpg
ソウルの盛りつけと違うなぁ~。いやたぶんお店によって違うんでしょう それにしても、私には全然足りないコチュジャン(中央の赤い唐辛子調味料)もちろん自分で追加しました。やっぱり美味しかった~。なんといっても野菜が違う!!
    10-23 夕食 古宮 bibinnpappu
ナムルやムルキムチ(水キムチ)も美味しかったです。時にお那須が時期で甘かった。
    10-23 夕食 古宮
韓国について初めてまともな食事!皆さん記念撮影したら一気に食べる~
移動だけでもやっぱりお腹は減るんですね
        10-23  2

そして、やっと宿へ。食事は全洲の中心地で済ませ、ココから宿の韓屋村までは細い道もあったりのらりくらりうす暗い道でした。宿は【学忍堂】2009年にも利用しました。
一旦荷物を置き、身支度して・・・お次は?マッコリ体験です。本当は、中心部のマッコリ通りに行きたかったのですが、時間が結構遅かったしタクシーもなんだし・・・宿の方にお聞きした歩いて10分ぐらいのお店に行きました。

【チョンニョンヌリボム(千年の世の春=천년누리봄)】
慶基殿の北側にあります。ここは地域のシニア層が働く場所だそうです。確かに見渡すとおばあちゃん?層がお料理作っています。なるほど~賞も取っているし、清潔で韓屋村にふさわしい韓屋のお食事処。時間もすでに9時を過ぎていますが、幅広い年齢層の客層がほろ酔い姿でいたり、出てきたり!期待
             
            10-23 千年の世の春 メニュー表 1
            かわいらしいこんなメニュー表もあります。韓国の窓ですね^^
              10-23 千年マッコリ
      10-23 千年の世の春 メニュー表

明るい店内。装飾もシンプルです。
      10-23 千年の世の春 2
頼んだのは、マッコリセット、(マッコリは普通の12000ウォン、黒豆15000ウォンの二種類にしました)
食事でお腹いっぱいだったのですが、セットのほうがお得ということでそれにしました。
薬缶二つに、これだけのつまみ!!やっぱりソウルと違って種類が豊富です。
チヂミ、ふかしイモ、ポッサム(豚の蒸し煮)、お魚(石もちでなく、福岡ではおっちょこ??だったかな何だかそんな名前のお魚だそうです)、お野菜、ナムル、おまめ・・・・
なんだかんだ言って、結局皆のお腹に入って行きました。ちょっとずつってのがいいんでしょうね
      10-23 千年の世の春 3
普段お酒を飲まない方も、せっかくだからと飲まれました。感想は?とっても飲みやすい!
つまり、美味しいんです。
そうそう、ここでも事件?がありました。初韓国での辛い体験 青唐辛子をまるで、爆弾ゲームのように皆で試しました。見事に全員あたりマッコリを飲む人、芋をほおばる人、会話が中止する人・・・いや~~大いにはしゃぎました。
             10-23 千年の世の春 1
薬缶をもってはいポーズ!楽しそうなのが伝わりますよね
          10-23 千年の世の春 マッコリ
どちらの薬缶のマッコリも、なんだろう土の味する?ような自然の甘味があり飲みやすかったです。
マッコリの写真がなくて残念。
          10-23 夜食?

ソウルと違って、空気もいいし、そして地元の人が作った、手のぬくもりのする素朴な料理、さらに韓屋という空間が私達を楽しくさせてくれたのかもしれません。ご馳走様でした!

一人、若い女性が会計にいました。たぶん夜対応なんでしょうね。笑顔で優しい対応でした。

千年の世の春(チョンニョンヌリボム=천년누리봄)
住所 全州市完山区慶園洞2街53-1(전라북도 전주시 완산구 경원동2가 53-1)
電話番号  063-288-8813
営業時間 11:00~24:00

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/319-5824f141

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。