スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国建築文化探訪の旅 その6 学忍堂 

さあ、旅行の二日目・・・
まだ7時(いやもうですね)静かで、空気が冷たいちょっと宿の敷地内散策!

今回の宿泊先の【学忍堂(학인당=ハギンダン)】

こちらは2009年に韓国観光公社福岡支社の西田先生と行く韓国宮廷料理研究団ツアーで初めて利用しました。とっても感動したので今回もお願いしました。
(2009年の訪問の時の様子は、公社に体験レポートとして掲載されています。私は3回目のレポート担当しています。こちら

日本統治時代に建てられた独特の建築様式をもった邸宅。
画家、音楽家、書家など文化人の交流の場として、
戦後は政府要人の宿泊所や迎賓館としても使われた。
最近修復され、100年ぶりに一般公開されるようになった。


白楽中の死後、その親孝行を世に広く知らせるために彼の号「忍斎」から一字を取って「学忍堂」と名付けられた。
【学忍堂の由来】
水原白氏のペク・シフン(白時興)が全州に定住したのは1700年代、肅宗の時代。
以後、彼の子孫は6代にわたり全州に居を構えたが、子孫のペク・ジンスは景福宮(ソウル)創建時に巨額の寄付をおさめた功により、高宗(李氏朝鮮の第26代国王)から豪邸を建てる許しを得る。
そのペク・ジンスの 6男である白楽中(1883-1929)が長男の誕生を記念して建てたのが学忍堂だ。
(1976年全羅北道民俗資料第8号指定)
ただし、この本館自体は現在も当主の白貞基(ペク・ジョンギ)氏夫妻が使われているので公開されていない。

宿泊者は本館の一部、裏手の民泊棟に泊まることになる。
(今回がまさにこの別棟・宿泊棟を利用)

え~~いきなりですが、正面のお写真が見つからず・・・2009年9月に訪問した時のです
  2009-9 全洲 学忍堂

こちらが今回宿泊した棟。左から3人、2人、2人、3人(写真右側が自分達)、1人。全員がこちらでした。
10-24 全州 学忍堂 5
この靴が出ているとこから出入り。左右に出入り口があり廊下の先に其々の部屋があります。
10-24 全州 学忍堂 2
自分の部屋から見た母屋は、敷地の真ん中にあり、主人達の住まいであり、迎賓館です。
10-24 全州 学忍堂 4
今度は、入口から見た図。松の隣に同じくらいの高さのオンドルの煙突があります。
10-24 全州 学忍堂 6
瓦で作った花壇に草花がかわいらしい 2009年はまだありませんでした。
10-24 全州 学忍堂 1
こちらは、お散歩して来て8時半ごろの写真です。ほんの1時間であっという間に日が高くなったのがわかります。そうそうテレビ局の撮影もしていました。
10-24 全州 学忍堂 3
この建物が【学忍堂】です。
100年の歴史を誇る伝統韓屋学忍堂。全州韓屋村には多くの韓屋たちがありますが、学忍堂はその中でも100年の歴史を誇る所です。学忍堂は宮廷の建築様式を民間住宅に適用した代表的な例として、初めは2千坪に99間の豪邸でしたが、現在は規模を縮め52坪に7軒だけ残っています。学忍堂は2階建てで屋根裏部屋があり、換気をよくする長所があります。また屋根裏部屋には遺物が展示されており、学忍堂で運営する古宅説明プログラムも観覧することが出来ます。  ”Hi Korea "ホテルより参照
10-24 全州 学忍堂 9
2009年はタイミングがよく見学・説明を受けられました。が、今回は時間が合わず外観のみ。
室内の特徴は、ガラスの引き戸の内側に障子戸があり、居室を囲むように廊下が巡らされている点。これは韓国の建物には見られない特徴で、明らかに日本建築の影響を受けていると思われる。
屋根には赤煉瓦で造られたアーチ型の窓があり、こちらは西洋建築の影響が見られ、「韓・和・洋」の折衷建築として見ても面白い。
 
   ”全州の見どころ”より参照
オンギが並ぶ場所。レンガにつたのグリーンが美しい!こうしてキムチや味噌など発効物が作られるのです。
10-24 全州 学忍堂 7
奥様を囲んで、記念写真 奥様とも2009年以来の再会!覚えてて下さっていました。嬉しい
       10-24 全州 学忍堂 8
おっと、そして旅立つ前には次の当主とも記念撮影
※久々に若い人を見た~~ってことで密着度高いしにやにや顔のI氏
10-24 全州 学忍堂 10 ラスト

学忍堂(ハギンダン) 韓屋 학인당
住所 : 全羅北道(チョルラブクト) 全州市(チョンジュシ) 完山区(ワンサンク) 校洞(ギョドン) 105-4
電話番号 : 063-284-9929 チェックイン : 14:00 チェックアウト : 14:00
ホームページ :http://www.hikorea.jp/hotel/hid

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/321-0571bcda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。