スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国建築文化探訪の旅 その8 学忍堂の朝食 

朝のお散歩は思いのほかテンションをあげてくれました。”早起きは三文の徳”決して早起きではありませんが朝食前に何かするってことで)
お食事は台所で。このようにずら~と並んでいます。(2009年も同じ場所でした)
ほかのグループは中央の母屋で朝食で、ちょっと羨ましかった(中が見れるからね~)
  10-24 全州 学忍堂 朝食 1
愛情こもったオンマ(お母さん)の味です。山菜が多く、朝食に相応しいあっさりとした味付けの品々。
み~んな撮影タイムお腹すいてます^^聞くと皆さん朝の散歩をしたそうです。
  10-24 全州 学忍堂 朝食 3
お部屋の奥はこんな感じで、アイランド型キッチン。アジュンマ(おばさま)2人と奥様がいそいそと朝食を運んでいます。
    10-24 全州 学忍堂 朝食 4
雑穀米に、ウコジスープ 우거지국(乾燥させた白菜(=これを“ウゴジ”といいます)をタップリ入れて牛肉などを加えて、韓国の田舎味噌で仕上げた素朴な味わいが特徴の、具がたっぷり入った韓国風のお味噌汁です。
黄色いゼリー状のは、全州ビビンパップにも入っているこちらの特産品のクチナシの花で色をつけたファンポムク(緑豆のでんぷんを固めたもの)
    10-24 全州 学忍堂 朝食 2
どのテーブルもこの通り!ほぼ完食どれもとっても美味しかったです。
この朝食も以前来た時とっても気に入ってひそかにもう一度体験したいと思っていたので願いが叶いました!
    10-24 全州 学忍堂 朝食 5

~~~~~~~~~~~~

そう、そして宿泊したお部屋の写真が入手できたのでアップ!
可愛いピンク系で統一されたお布団。日本と違って敷布団にも掛け布団のように飾り窓?のように刺繍や柄を見せえる窓があります。それを床側に向けて敷きます。
この棟はたぶん当初は一つの空間だっと思われます。お部屋に張り巡らされた韓紙で、壁や梁すべてを覆っています。一番左の大きな部屋以外はすべてこうでした。天井が見れないのが残念。
床もビニールクロスです。もちろん既に寒いのでオンドル=床暖房です。
        10-23全洲 学忍堂 室内2
正面に見えるのは窓です。三重で手前は引き戸で両脇の壁に入ります。紙は防寒にも適していますね。所々現在に適したガラスも入っています。そして観音開きの窓。
お部屋には冷蔵庫、韓国式化粧台、エアコン、タオル、ドライヤーが完備。もちろんバストイレも。
        10-23全洲 学忍堂 室内1

2009年に宿泊したのは門のすぐ脇のお部屋い宿泊。こちらの写真と比べるとわかりやすいと思います。床は板張りで、天井も高く韓屋そのもの。
2009-9 学忍堂3
写真正面左は、トイレとシャワー。ほかは隣のお部屋の扉です。
      2009-9 学忍堂2
外から見た図。
      2009-9 学忍堂1

子の宿泊場所はもちろん、今回の目的である韓国伝統家屋の宿泊体験!ミッションが少しずつクリアです

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/324-9b34472e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。