スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国建築文化探訪の旅 その11 全洲韓屋村散策 2 

リクエストで、【全州伝統韓紙院(전주전통한지원)】に立ち寄ってもらいました。
赤いベストを着ているのが、全洲市のガイド金さんです。まだだんだん陽が高くなっています。思っていたよりとっても温かく私は半そでになっていました。
    10-24 全州 34 全州伝統韓紙場
全州伝統韓紙院(チョンジュチョントンハンジウォン)では、伝統的な製造方法により純韓国産の韓紙だけを生産しています。ここで生産される韓紙の80%以上が日本へ輸出され、残りは韓国で消費されています。韓紙は、他の紙類とは異なり、祖先たちの職人精神が染み込んでいる貴重な文化遺産であり、韓紙自体がひとつの芸術品でもあります。ここでは、韓紙をすく作業から模様入れ、乾燥などの韓紙の製造過程を学ぶことができます。
「全州」と聞いてまず最初に思い浮かぶ特産品のひとつに韓紙があります。全州は1000年前から品質の良い韓紙の生産地として有名な都市でした。韓紙の使用量が減った現在でも、全州には10ヶ所以上の韓紙工場があり、ここで生産される画仙紙の量は、全国の流通量の80%を占めています。
全州伝統韓紙院では、書道、東洋画、工芸用の韓紙はもちろん、黄土壁紙用韓紙、堅炭韓紙などが展示・販売されています。


工房の見学をした後は直売所?でお買いものタイム。この棚の紙さまざまな暑さや要度別、また色や柄もものすごく豊富なんです。見ているだけで幸せ~
    10-24 全州 35 全州伝統韓紙場
お値段もソウルよりそりゃ~安いです。原価ですよね。私は韓紙の靴(ミニチュア)と折って染めた韓紙など購入しました。ここも2009年に立ち寄った場所です。韓国内はもちろん日本の雑誌やスッカラなどにも必ず出ている場所です。
10-24 全州 36 全州伝統韓紙場
そしてその向かいは、ポジャギ&染色家さんのお宅兼工房。今回は玄関だけ写真にここも2009年見学した場所です。柿渋かな~素敵なポジャギ(チョガッポ)です。小窓にももう一つ白のポジャギがありました。
10-24 全州 32 ポジャギ工房
この角を曲がると・・・ここはよく撮影でも通る場所です。先日のBSNHKプレミアムのまちあるき・全洲でも通っていたしおんなじバイクが泊まってた。たぶん塀が低く、幾何学模様(窓の模様、亜かな?)が色を変えたブロックで表現されています。
    10-24 全州 33 塀
メイン通りの近くこちらは
【全州殿洞聖堂 전주전동성당 (チョンジュチョンドンソンダン)】
韓国でもっとも美しい洋風建築といわれ一見の価値あり!新婚カップルの写真撮影地としても人気。この日もカップルがポーズ(写真右下)をとって撮影をしていました(みんなポーズのなりきりに感心して、ぼ~と見てします始末)中に入ると天井が高く荘厳な雰囲気に圧倒されてしまいます。ここは、慶基殿の向かいには1914年に建てられた赤煉瓦の聖堂。ビザンティン様式とロマネスク様式を折衷した重厚なデザインで、湖南地方(全羅南北道)の西洋式近代建築物の中で最大規模といわれています。(史跡第288号)
10-24 全州 41 聖堂

【慶基殿 キョンギジョン / 경기전】
韓屋村のシンボルともいえる慶基殿(キョンギジョン)。朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)を描いた肖像画(御真:オジン)を奉安するため、1410年に創建されました。国の指定史跡第339号および全羅北道有形文化財第2号にも指定されている歴史ある建造物で、1597年慶長の役で消失した後、1614年に改築され現在に至ります。朝鮮王朝に関する資料が多く残されている場所でもあり、韓国の歴史を知ることのできるスポットです。また景観の美しさから、度々ドラマや映画、時代劇の撮影地にもなっており、ドラマ「宮(クン)~Love in Palace~」で主人公達が住んでいた宮殿の裏庭も、慶基殿で撮影。歴史ファンのみならずドラマファンも必見の名所となっています。~~コネストより~~~
    10-24 全州 39 キョンギジョン.入口
中央に位置する、【正殿(チョンジョン)】以前は両脇と正面に絵があったのに無い?ガイドの劉さんも同じ事を言っていたら・・・
    10-24 全州 38 キョンギジョン
連れて行ってくれたのが、同じ敷地内のこちら。
2010年11月に慶基殿の敷地内に開館した【御真博物館】
李成桂をはじめとし、ハングルの創製者である世宗(セジョン)大王など計5枚の御真が展示されています。原本は所蔵庫に保管されており、博物館に展示してある御真は、原本を模写したもの。ただし大きさや色などはほぼ同じものです。御真の他、慶基殿の建立や、御真の奉安などに関する資料・遺物を展示しているコーナーや、企画展示コーナーもあり全州や慶基殿の歴史を知ることができます。
    10-24 全州 38-1 キョンギジョン 博物館
学問の場所には銀杏の木ありき!ここにもありました。黄色がとってもきれい!
      10-24 全州 40 銀杏

慶基殿(경기전)
全羅北道 全州市 完山区 韓紙ギル102(豊南洞3街)
* お問い合わせ: +82-63-281-2790
* ホームページ
全州文化観光:http://tour.jeonju.go.kr(日本語)
全羅北道文化観光:http://www.gojb.net (日本語)

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/327-7cd1615b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。