スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大邱・二日目「桐華寺 동화사 トンファサ観光」 

大邱・テグ二日目(11/10土曜)は8時に出発して、北上します。
そこは大邱の北東側を守るように広がる高さ1192mの
【八公山 팔공산 パルゴンサン】がそびえます。
ここはケーブルカーに温泉、そして登山が楽しめるそうです。

さあ車窓からも美しい紅葉の景色に心の中では“降ろして~~歩きたい~~”
11-10 桐華寺1
そしてこの山にあるのが【桐華寺 동화사 トンファサ】
案内板 日本語の説明看板もありましたよ。
11-10 桐華寺6
新羅時代493年創建の名刹。
銀杏の黄色と建物が鮮やかな丹青を引き立てます。
11-10 桐華寺3

11-10 桐華寺2
これアイディアですね。提灯・あかりのカバーが韓国伝統の窓戸 창호 チャンホ柄。
11-10 桐華寺5
本物の窓戸 창호 チャンホ
11-10 桐華寺11
         高さ33mの「統一薬師如来大仏」
        11-10 桐華寺10
空を仰ぎ、自然と頭が垂れる景色だ。
11-10 桐華寺7
鮮やかな丹青を施した建築物が点在する。

※丹青(タンチョウ)とは、王宮や寺院の内・外部などに様々な紋様や絵を書き入れたものです。
丹青の起源は、木材の表面の荒さを隠すのと木材の腐食を防ぐ手段として建物の外側を塗料で塗ったことにあります。色彩は赤、青、黒、白、黄の5色を使用した。(陰陽五行の思想が元になっているのですが、青は木、赤は火、黄は土、白は鉄、黒は水を象徴しています。)朝鮮半島では建物の上部は緑系の色で占められているのが大きな特徴です。韓国では「丹青(タンチョン)は韓国を象徴する色彩の美である」と言われているようです。


丹青美しいでしょ!
11-10 桐華寺4
で、私が一番好きなのがこれ。瓦のグレーです。雨・風、四季で色とりどりの瓦のグレーはいつも興奮します!今回も会えてよかった
11-10 桐華寺9
こうして朝一でお寺を拝観して、心洗われました。
11-10 桐華寺8
空気も美味しいし、紅葉は美しいし!!雄大な大邱・テグの自然万歳!

八公山 팔공산 パルゴンサン
八公山自然公園管理事務所  +82-53-982-0005
八公山カッバウィ管理室  +82-53-983-8586

桐華寺 동화사 トンファサ
住所:大邱東区道鶴洞 35番地(八公山中腹)
問合わせ: +82-53-982-0101~2
ホームページ www.donghwasa.net (Korean only)
]大邱シティツアーでもこちらにくるコースがありますよ!
更に、お寺には「文化観光解説士」もいらっしゃるそうです。

大邱広域市役所の観光文化財課で通訳を担当していらっしゃる丸山さん
今回のツアーでも大変お世話になったのですが、大邱についての色々な事に日本語対応してくださいます。お気軽にご連絡ください。とのことです。
【大邱広域市役所 観光文化財課内】
℡  +82-53-803-3905
fax +82-53-803-3879
mail daegutour@yahoo.co.jp

~~~~~~~~~~~

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/349-ab884564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。