スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・奈良に行きました!11月 

韓国は大邱・テグのご報告はまだつづきますが・・・これもアップしたいのが奈良・京都の旅。なので、同時進行でお送りします。(覚書ですね)

今回の旅は四泊五日(うち二泊は船)金曜日のよる出発して火曜の早朝に戻る。
実質土曜・奈良と日曜、月曜・京都の昼過ぎまでが観光時間です。

まずは神戸から移動時間がかかる奈良へ向かいました。
学友のKちゃんがスケジュール表を作成や時刻表など全て調べてくれたので、私とHちゃんは付いて行くだけ~。
久々に楽チンな旅ですありがとうね!

で、神戸から2時間かけて初・奈良に到着しました嬉しい~~

駅隣の、【奈良市総合観光案内所】立派な建物だなぁ~と思ったら、JR奈良駅旧駅舎なんですね。
       11-17 奈良駅隣
入ったら、せんと君と鹿がお出迎え。紅葉情報も掲載されたいました。
  11-17 奈良info
新しい奈良駅の構内は、こんな柱。さすが南都の奈良です。
         11-17 奈良駅構内
ホテルにチェックインしたら、まず向かったのが【法隆寺】ちょっと怪しい雲行き
別名【斑鳩寺】。聖徳太子ゆかりの南都七大寺の一つで、聖徳宗の総本山の寺院。世界最古の木造建築物で世界遺産にも登録されています。教科書にのってた場所だ~~と修学旅行生気分です西院伽藍から観ます。
    11-17 法隆寺 入口
学友の2人は初めてではないので余裕で見学。私はとにかく初めてなのでテンションあがりますKちゃんがもってきてくれた冊子をみならが見どころを一つも洩らすまいと必死
    11-17 法隆寺 入口3
【中門】国宝・飛鳥時代
西院伽藍の本来の入口となる中門の深く覆いかぶさった軒、その下の組物や勾欄、それを支えるエンタシスの柱、いずれも飛鳥建築の粋を集めたものです。重厚な扉と左右に立つ金剛力士像(奈良時代)は、日本に残っている最古のものです。
真ん中に柱があり通りにくい、四間の門。偶数間の門はとても珍しいそうです。
阿形は赤く、吽形は青い金剛力士像。奈良時代って今から1200年ぐらい前すごいな~。
    11-17 法隆寺 入口2
【金堂と五重塔】国宝うぉ~~すごいぞ!
11-17 法隆寺 五重塔2
【金堂】の二層の四方の支柱には昇り龍と降り龍の飾り物があります。なんだか小雨のなか迫力が増します。
    11-17 法隆寺 龍
【五重塔】の初層の屋根と裳階(もこし)の間に「軒を支える邪鬼」の彫刻があります。四隅に置かれているので4体あります。肉眼でもそれなりに見ることが出来ました。重たそうだな~。
    11-17 法隆寺 鬼
【金堂】二層入母屋造りでいて正方形に近いお堂内には階段がなく、四方に出入り口があるのと、二階の卍くずしの高欄(手すり)、それを支える「人」字形の束(つか)も独特的。
【五重塔】高さが31.5mだそうです。五層の屋根が上に行くほど小さくなっていくのが特徴的。
    11-17 法隆寺 五重塔
【廻廊の連子窓】ここから見える紅葉は格別でした。
    11-17 法隆寺 1
西院伽藍を見たら、こちらへ
【東室・聖霊院】鎌倉時代の建物。聖徳太子像を祀るお堂です。紅葉が雨の中鮮やか!
    11-17 法隆寺 聖霊院
切妻造の前面に付く吹放しの庇[ひさし]、蔀戸(しとみど)など平安時代寝殿造の対屋(たいのや)形式を連想させます。厨子には45歳の太子が勝鬘経(しょうまんきょう)を講義する姿を表した聖徳太子坐像(国宝)、4人の侍者像(国宝)などを安置しています。
        11-17 法隆寺 聖霊院3
ここでHちゃんが何やら並んでる。聞いたらご朱印というものを頂くとか。話を聞いて私もご朱印帳を購入し早速書いてもらいました。ここはカバーがオレンジでご朱印帳自体は青緑。
          horyu-gsc.jpg
お聞きしたら、この配色は昔から変わっていないそうです。(この配色にもぐっときた)場所によっては数種類あるそうです。この法隆寺からスタートしたご朱印。この旅をより充実したものにしてくれました。
            11-17 法隆寺ご朱印
蔀戸(しとみど)日本は横長いんですね~。韓国は縦長だ。庇の長さが関係しているのかしら?でもどちらも金具は同じかんじです。
    11-17 法隆寺 聖霊院2
 お次は東院伽藍へ。ここは聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に建立されました。回廊(重文)で囲まれた中に八角円堂の【夢殿】国宝が建ち、回廊南面には礼堂(重文)、北面には絵殿(重文)及び舎利殿(重文)があり、絵殿と舎利殿の北に接して伝法堂(国宝)が建っています。東院伽藍の廻廊外側北西角には、東院鐘楼(国宝)があります。また、東院伽藍の東側には半跏思惟の像(木造菩薩半跏像)で有名な中宮寺があります。
11-17 法隆寺 夢殿
内部に安置されている仏像はこの時期と春しか見れない秘仏です。
        11-17 法隆寺 夢殿2

初めての奈良。そして法隆寺。彩色がなく(退色のため)グレーで広く静かな場所でした。あまりに遠い昔の場所。とても不思議な気持ちになりました。

雲行きが怪しかったのが、とうとう小雨が降ってきて滞在時間は1時間ちょっとでした。
次回はまたじっくり訪れたいですさあお次は・・・

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/368-8572f377

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。