スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の興福寺と東大寺! 

11月の奈良・京都旅行の続きです。

奈良ではまず、法隆寺にいって次は興福寺へ移動です。
法隆寺後半から雨がしとしと降ってきて、ちょっぴり寒くなってきました。
        11-17 興福寺北参道
この参道を通るころから激しく降り始め足元注意でした。鹿も雨をよけるため木陰に避難!
友人たちは、初奈良なんだから「シカせんべい」を購入してやるべし!なんて進めるけれど、この雨の中じゃあドロドロになるのは間違いないので遠慮しました
参道の紅葉もきれいです
    11-17 興福寺北参道4
参道を抜けると、ド~~~ン
これが、【興福寺の東金堂と五重塔】いや~~迫力あります。教科書の世界へようこそって感じです。嬉しい
雨をものともせず?必死にカメラに収める私
【五重塔】はもちろん国宝で天平時代の730年に創建されましたが、その後何度も家裁にあっては消失・再建で蘇ってきたそうです。現在は約580年前の室町時代に建立された五代目。高さ50.1メートル。初層の四方には、薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀仏三尊像、弥勒三尊像が安置されています。
    11-17 興福寺 東金堂・五重塔
二つの建造物をカメラにおさめたら、一世風靡したあの阿修羅像が見れる隣の【国宝館】へ。
本尊千手観音菩薩像(鎌倉時代)を中心に、興福時の歴史を伝える仏像、典籍、古文書、絵画、工芸、考古遺物、歴史資料を収蔵・展示しています。実はここ2010年にリニューアルでLEDが採用されガラスケースがなく見れるので楽しみでした。
乾漆八部衆立像の8体は、おお~~と感動しました。五部浄、沙羯羅(さから、しゃがら)、鳩槃荼、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、畢婆迦羅(ひばから)。中でも三面六臂(手が6本)の阿修羅像はにやにやしちゃいました。他にも金剛力士像など運慶などの作品がとても力強く、彫刻を専攻していた私とKちゃんで久々に人体美にドキドキしました。阿修羅グッズは迷って迷ってタオルハンカチを購入。

この時期は特別公開もしているので、【仮金堂】へも行きましたよ!

興福寺のついてはこちらのHPへ

それにしても、雨ですっごく寒くなってきて・・・・足元もいよいよしみ込んできそうな気配。
でも気を取り直して、もう一つも目的地【東大寺】
バクザン先生の愛称で知られる、榊 莫山さんの書による石碑。
ここは、奈良時代中期、聖武天皇の発願によって創建されました。今の建物は江戸時代に建て直された三度目のものです。横幅が約三分の二に縮小されていますが、それでも木造建築物としては世界一の規模を誇っています
  11-17 東大寺 
こちらは更に人が多かった。鹿も多かった。南大門の写真にもひょっこり顔覗かせてるし・・・
        11-17 興福寺北参道2
ほら、雨宿りなんかしてるよ。いや~さすが奈良だね~。
        11-17 東大寺 参道の鹿
おせんべい屋の隣で待機している鹿達。買った女性に群がる鹿!!他でもミニスカートの女性は大変なことになってた。
        11-17 興福寺北参道3
そして見えてきた、【大仏殿】いや~~これまた大きいぞ。この中に大仏様がいるのね
11-17 東大寺 大仏殿
でた~~拝観できました。テレビでみるあれですよ! 毎年、大晦日から元旦に正面唐破風(からはふ)下の観相窓が開かれ、大仏尊像のお顔を外から拝しながら新年を迎えることができる。ってその現場です。
いやいや大きいことに驚くし、迫力あります。ぐる~~と廻っていろんな角度から拝観しました。それにしてもこれらを造った人々って本当に凄い。
        11-17 東大寺 大仏殿1
途中、穴があいている柱がありました。これを通り抜けられると、幸せになるとか無病息災であるとか・・・。学友たちに進められやってみることに。1人には撮影を、1人には引っ張り出してもらうのをお願いして・・。
あれ??でも1人ですーーーーと抜けることができましたよ
そうそうこの穴、大仏様の鼻の穴ぐらいとか・・・
            11-17 東大寺 大仏殿 柱
そして、ご朱印もいただきました!場所によって頂く言葉や印が違い楽しいです。
   11-17 興福寺 ご朱印
さあまだ時間あるよね?ってことで境内のある目的地へ向かって進みます。それど同時に日が暮れてきたし、足元は砂利で悪く、ひたすら登っていくのです。

                 ・・・つづく

東大寺
国宝建造物・重要文化財建造物
・法華堂は平成23年8月1日から平成25年5月下旬頃まで拝観停止になります
・正倉院は宮内庁正倉院事務所が管理しています
 所/奈良市雑司町129 TEL/ 0742-26-2811
宮内庁: 〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
お問い合わせ /TEL 03-3213-1111(代表)
宮内庁「正倉院ホームページ」⇒ http://shosoin.kunaicho.go.jp/
境内のご案内(大仏殿・法華堂・二月堂・戒壇堂・南大門・転害門・俊乗堂・開山堂・勧進所)

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/369-0332b386

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。