スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良・東大寺の二月堂 

向かった先は、【二月堂】です。一番奥です。歩いた~~
11-17 東大寺 二月堂2
途中、【法華堂(三月堂)】も通り過ぎました。そしてこの提灯の形が珍しいそうです。確かに見たことない形です。雪洞(ぼんぼり)っていうんでしょうか。
  11-17 東大寺 二月堂4
そうこうしているうちに、灯りがつきました。
  11-17 東大寺 二月堂5
舞台から眺める夕日がすばらしいそうですがあいにくの雨。でも見降ろすと紅葉が霞んでみえ美しかったです。
  11-17 東大寺 二月堂
正式には、東大寺「観音堂」だそうです。建立は752年、現在の堂(国重文)は寛文9年(1669)の再建で、本尊は十一面観音像(絶対秘仏)
3月1日~14日に「修二会」の「本行」が行なわれています。13日早朝に本尊に捧げる1年間の香水を若狭井という井戸から汲み上げるところから「お水取り」と呼ばれます。「お水取り」は1200年間一度も途絶えたことが無い、東大寺の代表的な行事です。 752年実忠和尚が十一面観音像の前で罪を懺悔する「十一面悔過の修法」を行なったのが始まりとされています。 元は旧暦の2月1日~14日に行われていてこの2月に法会が行なわれることから二月堂と呼ばれます。
  11-17 東大寺 二月堂3

ここかなりお勧めです。学友のセレクト素晴らしい!雨が降っていない時も是非いってみたいものです。
東大寺の境内を一望できるし、高いところってホッとできます。静かでした。
 
二月堂

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/370-c99063af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。