スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大邱・テグ 最終見学地【清道ワイントンネル・(Wine Tunnel)・와인터널 】 

いよいよ、大邱・テグツアーも残すところわずか

通訳・ガイドの趙さんと旅行者の課長さん韓国観光公社のパクセジンちゃん以外の大邱・テグの皆さんと別れていよいよ金海空港へ向かいます。
その途中が最終見学地です。【清道ワイントンネル・(Wine Tunnel)・와인터널】この地域・清道は初日にSAで寄った地域です。
柿が有名で、なんでも使用しなくなったトンネルを2006年にワイン庫として利用してオープンさせたそうです。
試飲もできるし、週末になると大邱・テグや釜山・プサンからの観光客で賑わうそうです。
そうそう、牛も有名で通り道何件も牛専門店を見ました。(こっちも気になる)


週末だし時期なので渋滞です。バスは警備員を押しのけ(外国からのお客さんが乗ってるんだと)強行。トンネル付近まで連れていてくれました。渋滞がなければ多分当然いける場所。
DSCF7974.jpg
ここ一帯トンネルまでの道は”ワイン通り”だそうです。
どのお宅も柿が鈴なりで梯子が掛かってるし、街灯も柿です。またまた山間の美味しい空気を吸いながらちょっとお散歩です。
DSCF7972.jpg
道端には柿。干し柿などつい足を止めたくなる露天が並びます。
    DSCF7976.jpg

ここドラマ「テロワール」のロケ地でもあったようです。(見ていないのでわからない) 
ワインボトルのオブジェDSCF7978.jpg

入りま~す。
DSCF7979.jpg
柿の熟成庫だから薫るのかと思いきや、ただひんやり。
DSCF7985.jpg
時間があまり無いらしく、トンネルの長さ1000Mの先までは行けず途中でUターン。所要時間が30分は掛かるらしい。あ~残念
DSCF7986.jpg
途中で試飲している方を沢山見たし、予約席まであるんだ~。ワイン販売ブースもあったけれど全て通り過ぎるのみお預け状態の見学だよね。
  DSCF7995.jpg

    DSCF7990.jpg

  DSCF7997.jpg

と、一旦入って出たところで旅行者の課長さんに電話がなんだか配車の関係であと20分ぐらいが大丈夫らしいと、いうことでまたトンネルの中にはいり試飲タイム。やった!
そして更に幸運が。どうも先程通り過ぎた予約席って私達の為に、宴会部長じゃなくて韓国観光公社の団長が手配していたそうな。何とも粋な計らいですぞ。(しかも誰もそれを知らないってのも韓国なだ~)そしてこれだけでは無かったのよ~
  DSCF8004.jpg
ちゃんとワイングラスだよ。お兄さんが韓国語で説明。スンソンさんが同時通訳
  DSCF8011.jpg
注ぎ始めるとどよめきが~
  DSCF8014.jpg

ティスティングで運ばれてきた三種類。まずは一番お高い高級な柿のアイスワイン・ICE WINE アルコール10% このパッケージとっても好みで素敵です。(写真は入り口に展示されてたのです)
DSCF7987.jpg
入れ方もいいし、グラスもいい。みんなでゴックン。香りと色そしてお味思っていたほど柿の香りはしませんがあの干し柿みたいな甘さでした。
DSCF7988.jpg
お次にSPECIAL WINE ドライでフルのディのプレミアム級高級ワイン。アルコールは12% 白と赤のいいとこ取りって感じで飲みやすい。
三つ目は、REGULAR WINE 柿の甘さとタンニンの調和がかもし出す極上ワイン。アルコールは12%  乾杯!!
DSCF8015.jpg

クラッカーとチーズも付いています。HP見ると一人3000ウォンで体験できるようです。
さてどれお持ち帰りしようかしら?と思ったら、ココでまたまたサプライズスペシャルワイン一本お土産が付いてきました。団長の本当に心憎い演出ありがとうございます。感謝です
  DSCF8016.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こうして最後の見学地を去り、いざ一行は金海空港へ向かいます。

この日は11月11日 韓国でいう「ペペロデー」(日本でいう、ポッキーの日です)
マイクロバスに乗ると、今度は何と韓国観光公社のパクセジンちゃんがみんなに巨大ペペロをプレゼントしてくれました。ありがとう!後部座席では、すっかり仲良くなったメンバーが英語でコミニケーションしてました。
  DSCF8018.jpg

        DSCF8022.jpg
たった三日間ですが、こうして帰路を前にして最初は”大邱・テグ”をキーワードにですが徐々に仲良くなり交流できました。場を作ってくださった皆様に感謝します。
いくら企画が良くても、やはり最終的には”人”だと強く強く思わせるツアーでした。きっかけをくれた、韓国観光公社・福岡のEさんありがとうございます。

いよいよ空港までの道のり、時間にして1時間ぐらいでしょうか


【清道ワイントンネル・(Wine Tunnel)・와인터널】
住所:慶尚北道青道郡華陽邑松金里 252-2 경상북도 청도군 화양읍 송금길 85 (화양읍)
連絡先:+82-54-371-1904
ホームページ: www.gamwine.com (Korean only)
利用時間: 09:30 ~ 20:00
入場料:無料  駐車料金:無料
障害者用施設:なし
韓国人予約案内:訪問する2~3日前に電話で訪問予約(+82-54-371-1100)(15人以上の団体)
外国語案内サービス:不可
地域間のアクセス
高速バスソウル、大田、光州から高速バスを利用して、東大邱高速バスターミナルからタクシーで南部停留場まで行き、そこから清道市外バスを利用。

紹介ページ★(韓国観光公社

~~~~~~~~~~~

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/387-2dcff257

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。