スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の奈良 朝一で訪れたのは【浄瑠璃寺】 

昨年のやり残しレポがもうひとつありまして・・・。京都・奈良旅行です。
それこそやっと終わった大邱・テグ旅行の一週間後に行った旅行だったのです。
初日に奈良は書き終えたものの・・・・。
時季が完全に違いますが、まあそれはそれでよしとしよう。だって紅葉がそれはもうとっても美しかったのですから!今年の秋・紅葉シーズンの参考にして下さい。

では参ります。
11月18日(日)前日の雨が上がり快晴。奈良から京都へ移動する日。
          DSCF8490.jpg
その前に朝一8時には朝食を済ませ宿をでて目的地【浄瑠璃寺】へ。
バスセンターに荷物を預け近鉄バスで30分(8:45発9:16着)570円。遠いから朝一なのね。
          DSCF8491.jpg
皆さんはバス停を降り、先に岩船寺に行く方が多いようです。
DSCF8492.jpg
私達は一目散にお寺を目指します。見所は、九体の阿弥陀仏如来像吉祥天女像
参道はなんか懐かし~い道のり。
  DSCF8494.jpg
  DSCF8493.jpg
門をくぐって振り返ると三重塔が見えます。
DSCF8516.jpg
                                 鐘楼
DSCF8500.jpgDSCF8510.jpg

東の薬師仏をまつる三重塔中央宝池、西の九体阿弥陀仏堂から成り立っています。

DSCF8576.jpg
DSCF8569.jpg

名前は、創建時のご本尊、薬師仏の浄土である浄瑠璃世界からつけられたそうです。
実はここ、京都府なんです!!だからバスでも時間がかかったのね。

学友セレクトのお寺。目的はこの時期が秘仏である吉祥天女像が開扉日だったからだそうです。

紅葉がとってもきれい。三重塔の薬師仏に苦悩の救済を願い、その前で振り返って池越しに対岸の阿弥陀仏に来迎を願うのが本来の礼拝だそうです。
DSCF8535.jpg
DSCF8522.jpg

阿弥陀仏堂はもともと外からの礼拝に建立されているので、横長で、現存つる唯一のもの。ぐる~と九体拝観しました。しかも視線が近いのでものすごく落ち着きますね。
吉祥天女像はイメージよりもっとふっくらしていて小さかったです。あっお堂の写真撮り忘れています。

池に映し出された紅葉が美しく、どうも写真家達にも人気のスポットの様子。だから朝一なのね!シャッター音が鳴りやみません。
DSCF8560.jpg

ここでも、御朱印していただきました。これで5つ目です。
DSCF8596.jpg
ひっそりと佇むお寺。静かで派手でないけれどしっかり腰をすえた仏像たちは、お顔が柔和な気がしました。

10:40にはバスにのり再び奈良へ。11:14の近鉄奈良に乗車し京都へ移動。12:15には京都入りしました。
このタイムスケジュール全て学友が!時刻表など綿密に調べててくれたお陰でスムーズに移動できるし、時間の無駄が無い。本当ありがたい!

あっおまけで奈良から京都移動中の電車の中で・・・
一瞬視線の先に見えた”人”でもそれは、つり棚に引っ掛けた制服のブレザーでした。ビックリした
写真image_20130123133554.jpeg



【真言律宗 小田原山 浄瑠璃寺 】(九体寺)
住所:京都府木津川市加茂町西小札場40
お問い合わせ先:0774-76-2390
時間:9時から17時(冬12・1・2月の三ヶ月は前後各一時間短縮)
拝観料:300円
参考ページ 浄瑠璃寺

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/393-38fb1d89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。