スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の京都 嵯峨野散策・天龍寺 

続いては、やっぱりここでしょ。

嵯峨野です。すがすがしい気分で参りました。それにちょっとお楽しみもあるんです

JRに乗って嵯峨野へ(190円)
DSCF9119.jpg


11時には駅に降り立ちました。ランチの時間前に臨済宗 天龍寺派【大本山 天龍寺】
        DSCF9102.jpg
参道の塀も面白い~。
  DSCF9107.jpg

こちらももちろん世界文化遺産です。今回は庭園の参拝のみにしました(500円)
DSCF9127.jpg
本堂は雲龍図や大方丈からの曹源池庭園が眺められます。

お天気もいいし人が増えてる~

【天龍寺は、臨済宗天龍寺派大本山。正しくは雲亀山天龍資聖禅寺だそうです。
1339年(暦応二)吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔う為に、足利尊氏が夢想国師を開山として創建。
創建以来天龍寺は1356年(延文一)をはじめ八回の大火に見舞われ、現代の堂宇の多くが明治期の再建。
夢想国師による庭園(曹源池)は、国の史跡・特別名勝第一号に指定、1994年(平成六)世界文化遺産に登録。】

では参りましょう!
    DSCF9133.jpg
先ずは庭園(曹源池)より書院をのぞみます。
DSCF9141.jpg
もちろん嵐山ものぞみます。手前の紅葉、奥の紅葉と、湖面に映し出された紅葉が美しい!!
大方丈からの眺めも格別だろうな~とその前を通り過ぎ、書院のほうからも
DSCF9166.jpg
この写真、大方丈の前の建て看板を撮ったのですが、よく見ると後ろに室内が、襖の雲龍の絵が見えるような・・・
DSCF9155.jpg
そこから拝観コースにそっていきます。うわ~~本堂は以前行きましたが、実は庭園は初めてで嬉しい。
紅葉シーズンはやっぱり庭園は外せませんね。

百花苑(ひゃっかえん)
多宝殿から北門への苑路で、北門開設と同時に昭和58年整備された庭園。
自然の傾斜に沿って苑路が造られており、北門を抜けると嵯峨野の観光名所である竹林の道、大河内山荘や常寂光寺、落柿舎などへ通じる。


  DSCF9168.jpgDSCF9173.jpg
天候にも恵まれて苔の緑が美しい。
DSCF9224.jpg
ふかふか絨毯みたい!
DSCF9225.jpg

そして塀の近くは紅葉、黄葉、黄緑葉と美しいし、青い空がハートに抜けて見えます!
      DSCF9177.jpg
DSCF9186.jpg
みんながみんなとってもロマンチックな気分で散策。どの人の顔にも笑顔があふれます。
それぞれの派手さはないけれど、静かにじわ~と広がる美しさ。やっぱり日本の秋は最高だね~。

小川にも落ち葉 秋の景色をたっぷり堪能しました
            DSCF9220.jpg

庭園から出るとき、ふと大方丈の先に紅葉の景色がみえました。
2012-11-19 天龍寺2


臨済宗 天龍寺派【大本山 天龍寺】
住所:〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話:075-881-1235
参拝時間:8:30から17:30
参拝料:庭園(曹源池・百花苑)500円 
    法堂「雲龍図」特別毎日公開 500円(上記通常参拝料とは別)
    ※9時~17時 (10月21日~3月20日は16時30分まで)
※くわしくはこちらをご覧ください

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/400-874db9a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。