スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~僕の死に方~を読んで 

震災から2年の昨日を過ぎて、今日そのページを開きました。

土曜の夜その本が手元にきていましたが、開いたのは今日。

流通ジャーナリストの金子哲雄さんの
【僕の死に方 エンディングダイアリー500日】


          IMG_2973.jpg

時々みるテレビでお見かけしていました。主婦目線で面白くて説得力あるな~と。

著者:金子哲雄さんがお亡くなりになったのが、昨年10月
この本の初版は11月27日

新聞の広告欄でも本の存在は知っていましたがそれだけでした。
でも縁あって私のところにもやってきた。

タイトルとは裏腹に、元気カラーのオレンジの表紙、そしてにこやかなご本人の写真。
ん?いったいどういう内容なのだろうか。

・・・読んで
余命宣告されて、死の準備をここまで具体的にするんだ。できるんだ。
自分はどうなんだろう・・とあれこれ考えます。考えらざる終えない。

他人事ではない、健常者でも明日天災で命をなくすかもしれない。
余命宣告されるかもしれない。

そんな読んでみて知ったことがたくさんあるし、参考になりそうです。

生きること生きていることが当たり前になっている自分。
死とは必ず来るもの。そうかそうなんだと何か不思議な気がするのは、金子さんの徹底した死への準備が綴られているいるからだろうか。


是非手にとって読んでみてはいかがでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/445-3f208b6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。