スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋天堂 

やっと大分で上映の映画『海洋天堂
photo_2[1]
観てきました。

あらすじをちょっとご紹介

中国 チンタオに住む親子。父は水族館勤務、一人息子は自閉症。
余命3カ月の父が息子の為に生きるすべを教えようとする・・・
泳ぐことが何より好きな息子の大福に、父はお父さんは海亀と教える。

上映すぐに、ドキっとするシーンがあり心配したがちょっと後で胸をなでおろす。
主人公の彼が、韓国映画の『マラソン』の主人公に似てる気がしました。
でもそれは、自閉症特有の動作からくるものなのでしょうか・・・

水族館や海のどこまでも碧い、そして優しいさざ波のように映画が進んでいく・・・
ゆら~り揺れながら観ました。
海の深さのような、じんわり広がって行く優しさが伝わり涙しました。

子どもを心配して先に逝かなくてはならない親の気持ち。
愛しむ大切さ。生と死。

心に残る映画でした。チャンスがあればおススメです。

ありがとう。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/50-fbd76d67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。