スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オッゴルマウル 옻골마을】 400年前にタイムスリップ! 

ツアー二日目(5/9・木)

1階フロアーも関係者・参加者でごった返しています。
DSCF1961.jpg
バスは、VIP 真っ赤だ~
        DSCF1962.jpg
点呼だったかな?なにか全員名前を呼ばれた気がする。
        DSCF1963.jpg

さあ二日目の朝向かったのは【オッゴルマウル 옻골마을】
DSCF1965.jpg

こちらは、漆渓村と書き、大邱広域市東区屯山洞にある慶州崔氏漆渓派の子孫の同姓村で、現在約20余の家があ集まっています。
【慶州崔氏宗家】と表記している場合もあります。
宗家の古い住宅(この大邱地域で最も古い住宅で朝鮮時代のヤンバン・両班住宅とその生活様式の研究に重要な資料としても評価されています。もちろん見学することができ「文化観光解説士」の案内や宿泊、 東渓亭での茶道体験、伝統遊び体験、 報本堂では書堂体験、伝統礼儀作法体験ができます(事前予約が必要です)
image_20130610032540.jpeg

まずは、その美しい景色の中の建物(韓屋)をご案内します。
  DSCF1971.jpg
写真

こちらは最初に出会う建物で【旌閭閣 정려각 チョンリョガク】(配置図 ⑯)
朝鮮時代正祖王の際、王世子の翊賛という役目を終えた崔興遠先生(号:百弗菴)を称える孝子碑閣。
  DSCF1977.jpg
  DSCF1978.jpg
石積された塀と黄土に瓦が美しい。
  DSCF1979.jpg
こちらの塀には藁?が。雪対策?雨対策?  
  DSCF1976.jpg
地形的にみて、北側は八方山の支流の巌が屏風のように囲んでおり、東側は峰が見えます。西側は谷間の村までつながり、南側は欅(ケヤキ)が林をなしています。やっぱり盆地?なのかしら。


ここは一番奥・北側に配置されている【百弗古宅(宗家)】(配置図 ①)
朝鮮王朝の仁祖代の時、崔東集(号:台巌)がここに定着した。「ㄷ」字型の內室(アンチェ)と「一」字型の外室(サランチェ)を中心に、東側の土燈の中に齋室として使われる報本堂があり、アンチェの東側と報本堂の後側が接していて、家廟と別廟が一廓の土燈の中に配置されている。この建物は朝鮮朝時代の住宅の中、最も古い建物(約400年)で、 アンチェとサランチェ、齋室、家廟、別廟などが調和をなしている。この建築は朝鮮朝時代ヤンバン(兩班)住宅とその生活樣式を硏究する重要な資料になっている。(こちらより
  DSCF1985.jpg
で、こちらが客間である【数咎堂 サランチェ】
一字形に建てられている。陰を象徴する西側におかれたこの建物は、大院君の書院撤廃令によって東山書院が閉鎖された時の木材の一部を使って1866年に建て直されたもの。
  DSCF1986.jpg
ここから【大廟】配置図②を通り過ぎ、【別廟】配置図③の前にある 【報本堂】配置図④へ
大邱広域市文化財。崔興遠先生(号:百弗庵)が、5代目の祖先の台巌先生を祭るために1753年に建てたもの。祠堂、斉室、そして【庖舎(台所)】配置図⑤などがあります。
  DSCF1987.jpg
ここ【報本堂】では・・・あら?なんだろう?ここでは韓服に着替え、学校ごっこ?しました。
  DSCF1989.jpg
ここの天井写真です。韓国伝統家屋の一番の特徴ではないでしょうか(あっ、日本家屋と比べてです。丸太がそのまま使われている。
”ぱらん まだん”の改装時もこの屋根を再現すべく天井も漆喰にし根太(住宅の床をはるために必要となる下地)を丸見えにしました。詳しくは私がレポしていますのでご覧ください。こちら
  DSCF1990.jpg
こちらから、韓服をきてお散歩・・・宗家の東側の川辺にあり、村の中で周辺の景色が最も美しい場所【東渓亭】配置図⑧へ移動しました。

  DSCF2027.jpg
百弗巌先生の息子の崔周鎮(号:東渓)先生の学徳を称え建てられた東屋で、子孫の講義場所として使用されてきたそうです。 
ここでもお餅つきや茶道体験をしました。

戻って、再度【数咎堂 サランチェ】の前をとおり・・・
  DSCF2091.jpg
こちらをくぐり宗家を後にしました。
  DSCF2092.jpg  

宗家を中心して○○宅が周辺にあります。現在約20余の家が集まっているそうです。

そうそうお急ぎの方は、大邱の定期コースをご利用ください。
こちらに詳しい情報が載っています。
大邱シティツアー(韓国観光公社)
半月堂大邱シティツアー(こちらのコースに入っています)
image (1)

【オッゴルマウル 옻골마을】
住所:大邱広域市東区オッコル路195-5 대구 동구 둔산동 옻골로 195-5
℡: +82-53-428-9900• 観光案内電話: +82-2-1330(日本語可)
ホームページ www.dgch.or.kr (韓国語)
こちらにも載っています(韓国観光公社

   mmm♪mmm♪mmm♪mmm♪mmm♪mmm♪mmm♪mmm♪

大邱・テグのことならこちらへ!
大邱広域市役所の観光文化財課で通訳を担当していらっしゃる丸山さん
今回のツアーでも大変お世話になったのですが、大邱についての色々な事に日本語対応してくださいます。お気軽にご連絡ください。とのことです。
【大邱広域市役所 観光文化財課内】
℡  +82-53-803-3905
fax +82-53-803-3879
mail daegutour@yahoo.co.jp

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/518-e09a69cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。