スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大邱国立博物館(국립대구박물관)】で美術工芸品を楽しむ! 

大邱の二日目午後からは・・・・

南下していき着いたのが【大邱国立博物館(국립대구박물관)】
(寿城区の金洞泛魚公園地区内にあります)地上2階、地下1階で煉瓦つくりのこじんまりした博物館です。
DSCF2213.jpg
ここは大邱と慶尚道地域の歴史と文化を理解することができる様々な遺物と資料を展示しています。
  DSCF2214.jpg
説明してくださったのは、秋のツアーのパンチャンユギ館でお世話になった先生です。
(ぼけていますが、右が大桃美代子さん。熱心に質問されていました)
DSCF2215.jpg
これが、【金洞竜頭】
DSCF2219.jpg
通訳士のイさんも熱心に解説してくれました。
  DSCF2222.jpg
仏像もたくさんあり、そのお顔とサイズがとってもかわいらしかったです。

さて、こちらからは衣服のお部屋。もう正面からこれがみええてかなり、萌え萌えでした!
DSCF2223.jpg
表と裏。どちらも鮮やかな刺繍が施していて溜息です。美しい。
DSCF2225.jpg
こちらは男性の韓服です。麻です。
  DSCF2226.jpg
DSCF2231.jpg
王様の韓服。
  DSCF2228.jpg
こちらも王様を象徴すつ刺繍です。龍の足は5本。
  DSCF2229.jpg
サイズやスタイルが違ったもの展示されています。
DSCF2224.jpg
  DSCF2235.jpg
DSCF2241.jpg
これってギャザースカートみたい。昔の肌着だそうです。手が込んでいるなぁ。
DSCF2245.jpg
こちらはお袖が長いタイプ。まるでバレリーナの衣装みたいです
   DSCF2246.jpg
冬用。紫・・・もしかして高貴な方の色かな?
DSCF2247.jpg
小物も展示。女性の装飾品やアイロンなど。
  DSCF2253.jpg
この左の黒いのは、木製のかつらです(王妃など三つ編みでぐるっと頭の上にあつるあれです)
  DSCF2252.jpg
装飾品のチュモニ(巾着)こちらもぎっしりと刺繍。
  DSCF2251.jpg
王様の胸のワッペン?
      DSCF2250.jpg
  DSCF2244.jpg

そして・・・これすごかった!チョガッポです。現代の方の作品。高さ2メートル以上の大作。(ぼけてる)
  DSCF2238.jpg
ちょっとだけ、韓国伝統手芸のポジャギをするので、その技法などどうなっているのだろうかと感心してみました。とっても美しく、本当に印象に残りました。こんな作品作りたい!
    DSCF2243.jpg


駆け足で、美術室を見た後は・・・・?


【大邱国立博物館(국립대구박물관)】
住所:大邱広域市 壽城区 黃金洞70番地
℡:053-768-6051~2
営業時間  AM 09:00 ~ PM 06:00(平日) AM 09:00 ~ PM 07:00(土, 日曜日/祝日)
休日 : 月曜日,毎年1月1日  利用料金:無料(一部企画漸次展示は除外,ホームページ参考)
http://daegu.museum.go.kr

 ☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★
大邱・テグのことならこちらへ!
大邱広域市役所の観光文化財課で通訳を担当していらっしゃる丸山さん
今回のツアーでも大変お世話になったのですが、大邱についての色々な事に日本語対応してくださいます。お気軽にご連絡ください。とのことです。
【大邱広域市役所 観光文化財課内】
℡  +82-53-803-3905
fax +82-53-803-3879
mail daegutour@yahoo.co.jp

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/523-526c3464

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。