スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の大邱前半戦~アートと食⑧ The ARC ”디아크”(강문화관) 2 

建物の中心の空間です(吹き抜け)青がエレベータや階段。
    DSCF3549.jpg
で、楕円形のこの空間には、ずら~と並んだ青い人型がお辞儀をしています。
   DSCF3550.jpg
不思議
  DSCF3551.jpg
余計なお世話だけど、ここ毎日お掃除するの大変だそうな~。誇り目立つでしょうから・・・
    DSCF3552.jpg
この空間見上げるとこんな感じです。青い。床が白で、頭上が青ってのも何となく不安定でがあります。
(色彩心理のバランスです)
    DSCF3553.jpg
屋上からは、すぐそばにある江亭コリョウンボの全景が見えます(川の浄化施設?)
で、この流線形の端っこと端っこ。
  DSCF3561.jpg
夜は、建物自体もライトアップされるし、この水槽?池?もライトアップされてきれいなんだそうな。
  DSCF3563.jpg
ここにはカフェも併設されていました。さあ下りは階段を利用します。
    DSCF3570.jpg
上から覗くと白い床が反射してますます浮遊物な気分?
    DSCF3571.jpg
1~2階にある劇場では巨大スケールのサークル映像とパノラマアイマックス映像の効果を最大限に生かし、映像のメッセージ伝達と感動を最大化してくれるそうです。
    WATER THEATER
    DSCF3573.jpg
ゆっくり歩いていると照明が変わります。
    DSCF3578.jpg
ガラスに反射して奥行きや広がりを感じるのも計算済みだろうな~。瞑想したくなるよ。
    DSCF3579.jpg
コーナーは人感で映像が映し出される。かなり芸術殿高い映像!
    DSCF3580.jpg
緩やかな螺旋に見えるが、平坦ですよ。
    DSCF3574.jpg
    DSCF3576.jpg
ここまで青で統一されていると、やっぱり気分は宇宙ステーションでしょ?!
ダウンライト(埋め込み式照明)の反射もきれいだ~ 
    DSCF3577.jpg
ちょっとした異空間を体験できます。何てったってデザインがいい。贅沢なつくりだな~。
錯覚を起こしそうな空間。(床が白なので浮いている感じですよね)
    DSCF3583.jpg
最後に、ツアーバスと  The ARC。
    DSCF3588.jpg
この周辺はサイクリングロードも完備されているし、静かで気持ち良さそうです。
夜にはライトアップもあるし、是非ドライブで彼女彼氏と、家族で楽しんでほしい贅沢な空間と場所です。

Mさんは遠いし、心配されていましたが来てよかった。かっこいいもの見ました

【The ARC ”디아크”(강문화관)】
住所:大邱広域市達城郡多斯邑竹谷里806番地 
観覧時間 9時~18時まで
観覧料・駐車場:無料 / 年中無休 文化体験予約可能
電話:053-7211~3 FAX:053-667-7255
詳しい情報はこちらへhttp://blog.naver.com/prologue/PrologueList.nhn?blogId=4u_wwp(韓国語)

    ・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★

大邱・テグのことならこちらへ!
大邱広域市役所の観光文化財課で通訳を担当していらっしゃる丸山さん
今回のツアーでも大変お世話になったのですが、大邱についての色々な事に日本語対応してくださいます。お気軽にご連絡ください。とのことです。
【大邱広域市役所 観光文化財課内】
℡  +82-53-803-3905
fax +82-53-803-3879
mail daegutour@yahoo.co.jp

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

ここ、おもしろいね~。
行ってみたくなった!

でも、涼しくなってからね。(笑)

Re: タイトルなし

> Yucky さん

意外と楽しめましたよ。
館内はひんやりしているので、夏でもいいかも^^
屋上のカフェもおしゃれでしたよ。是非次回は行ってみてください。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/559-2979e881

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。