スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の大邱前半戦~アートと食⑫やってきました!大邱美術館^^ 

実は今回の大邱旅行(前半の個人時間)にどうしても行きたかった場所があるんです。
それは 大邱美術館!!
もともと美術館は大好きなので対外自由時間がある場合は行ってきます。
が、大邱のこの半年2回はツアーでしたし、お正月は遠方なので行きず。だから今回とっても楽しみにしたいました。ましてや前回のFAMツアーメンバーのMさんが行ってその内容が”コリアトラベル”にも掲載され益々期待が高まっていました。
    DSCF3782.jpg
EXPO会場は東大邱駅前バス停から30分位ちょっと北上。ここからまた移動です。美術館は【大邱スタジアム】(写真上)がある方向で釜山から大邱入りする高速道路付近にあります。大邱スタジアムの西側に位置します。マルチショッピングモールのカラースクエアもあり、この一帯は【アウトドア・アクティビュー】の名所だそうです。
さてバスと地下鉄で移動(1号線で大公園で下車)駅の5番出口を出てからバスで行こうとしたら????
  DSCF3779.jpg
あら?これって今大分市でも展示中の草間弥生さんのラッピングバス(実は7月から大邱でも草間弥生さんの作品展があっているんです。奇遇ですね。)テンションあがります
しかもこれ、美術館への無料シャトルバスなんですって。とってもラッキー助かりますねこういう配慮は。
閉館時間が19時で、たしか到着したのが17時前でした。バスは貸切状態。
        DSCF3780.jpgDSCF3784.jpg

    DSCF3786.jpg
    DSCF3785.jpg
シャトルバスが会場到着。あれ会場広い?入口まで迷いました。そういうのも水遊びしている子供達の方に行ったら(水辺の休憩空間)
        DSCF3790.jpg
ここに入口なくて、とりあえず上にいったらそちらは、付属棟の結婚式会場でした。屋外の雲の橋(クリム・タリ)を通りやっと展示室入口へたどり着きました。
201307051406208131.jpg
1チケット売り場  2展示室  3オミ·ホール 4教育室  5講堂
6事務棟  7トイレ  8メンバーズ·ルーム 9授乳室  10売店
11付属棟 12職員専用駐車場 13展示室 入口 14水辺の休憩空間
15雲の橋(クルム·タリ) 16エレベーター タワー(トイレ)
17駐車場  18プロジェクト·ルーム入り口   19シャトルバス乗り場


ここはパンフレットにも使用されている、外観の作品。大邱のリンゴの木箱。まるで動いているかのように建物に張り付いています。イメージを作品にするってかなりな労働なのよね~。現代的な建物に、木箱のコントラスがいいですね。
DSCF3964-1.jpg

入口に近づくと『あっ!』と声をあげそうに。まんまと作家の意図に引っかかった感じ
  DSCF3793.jpg
更にはいると、ピンクの巨大な豚?ゾウ?がお出迎え。インパクトあるな~。作品名【Love me!】
DSCF3801.jpg
こちらも木箱の上に沢山の展示物が。カラフルだな~よく見ると・・・?
  DSCF3795.jpg
手塚治虫の作品に出てきそうな子ブタさん達
DSCF3799.jpg
カラフルなビニール袋をランプシェードにしてみたり笑えるよ!
DSCF3798.jpg
その先の壁面の作品は、こちらもよく見ると日用品のようなもので飾られています。とにかくカラフル。
あっ、カラフル 大邱のキャッチフレーズにぴったりですね。
作品名【살림・サルリム】(生活とか暮らし向きという意味です)
DSCF3802.jpg
朝からエネルギッシュに廻ってきたのでの売店でなんとバッカス(日本でいうところのリボビみたいな栄養ドリンク)をMさんと買い、この作品を見ながら少々休憩して展示室へ
        DSCF3807.jpg
入場料1000₩(100円)こんなに安くてすごく見ごたえがある内容。いいのか~~~
入ってすぐ気になるのがこの人だかり(写真は反対から撮っています)
    DSCF3865-1JPG.jpg
よく見ると、砂遊び?でなくカラフルな小粒な磁石の山でした。作品名【Up to you】 ちょっと触ったら、どうも女の子が何か作っていた場所だったらしく、触った後をパンパンと形成し直してました。ごめんよ。
DSCF3811.jpg

でここから振り返ると、3階までの吹き抜けにで~~んと赤と緑の作品がつり下がってる!
これパンフレットにあった作家:チェ・ジョンファさんの「錬金術」という作品展の一つで【KABBALA】
(このお方日本との交流もたくさんであちこちに記事がありました。VOGUE対談記事
HP)会場の至る所に彼の作品と出会えます。(入口の豚さんも)
      DSCF3812.jpg
何だか、商店街に並ぶ七夕祭りの飾りを思い出した。近づくとこれ、ザルです。
DSCF3820.jpg
×ってハレーション起こすんですよね。だけどこれだけ大きいのでもう圧倒され、なんだか楽しくなってきました。シャッターを無心で押してたら、かわい子ちゃんが一緒にクルクル回ってついてくるの。好かれちゃったオンマ(お母さん)に許可をもらい写真をとりました
テンションあがるんだよね~子供も大人も
          DSCF3823.jpg

さあその両脇の作品たちは、床に銀幕が張られ、まるで万華鏡の中に入っている感じです。
面白いなぁ~^^
DSCF3810.jpgDSCF3814.jpg
 DSCF3816.jpgDSCF3818.jpg
作品名【Alchemy & Cosmos】
DSCF3827.jpg
  DSCF3828.jpg
なるほどね~生活雑貨もこうして彼の手にかかると作品になる。これが錬金術なのでしょう

二階のこんな作品も彼のらしい。作品名【청소하는 꽃】
DSCF3939.jpg
三階にもあった!作品名【산더미 같은 짐 & 살림】(山のような荷物と生活品)
  DSCF3955.jpg
DSCF3957.jpg
DSCF3959.jpg

こういう作品て、展示場によって形状が変わってくると思うから、ここでみた作品は一期一会なんだろうな。

さあ、まだ美術館巡り続きますよ~

【大邱美術館 대구미술관】
2011年5月に開館した美術館で、市立美術館としてはかなりの高水準!
住所 : 大邱市寿城区美術館路40(三徳洞374)
電話(代表). : +82-53-790-3000
観覧時間  4月~10月 | 10:00~19:00  11月~翌年 3月 | 10:00~18:00
※ チケットの販売時間は、開館時間30分前から観覧時間終了の1時間前までです。
休館日 毎週 月曜日※ 月曜日が公休日の場合、その翌日が休館日となります。
ホームページは日本語があるのでとても便利です。こちら

・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★

大邱・テグのことならこちらへ!
大邱広域市役所の観光文化財課で通訳を担当していらっしゃる丸山さん
今回のツアーでも大変お世話になったのですが、大邱についての色々な事に日本語対応してくださいます。お気軽にご連絡ください。とのことです。
【大邱広域市役所 観光文化財課内】
℡  +82-53-803-3905
fax +82-53-803-3879
mail daegutour@yahoo.co.jp

 20120808_tegu_170_53.jpg
 ラブレインロケ地ツアーはこちらにこちらから!

  韓国観光公社 大邱 

 top_logo.gif大邱広域市

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/564-1bbaa0f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。