スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAMツアー2013山清世界伝統医薬エキスポ③韓医院&韓方薬草湯&東医宝鑑館 

会場で外せないのもこちらの3つです。(全部といいたいのですが、私達が行った6月はまだまだ建設ラッシュでした)

ボンディオル(본디올)韓医院、 韓方薬草湯、東医宝鑑館

◆ボンディオル(본디올)韓医院 ・・・東医宝艦に基づいた御医(王に主治医)の診療を施す場所です。
    DSCF5186.jpg
まずは説明を聞きます(この背面壁が、ポジャギに見えてしかたない私^^)
    DSCF5188.jpg
院内にはホジュンが煎じた方法で、薬をつくっています。煎じ中の方が振り向いてくれました。
DSCF5193.jpg
ここでは、このように診療を受けることが可能です。御医の傍らには、あの「東医宝艦」が。これには感動しました。
  DSCF5196.jpg
診療の様子です。チェさんが通訳。
DSCF5201.jpg
★日本語のボンディオル韓医院ガイドブックは症状別に詳しく解説しています。 
★こちらの建造物も素晴らしいな~と思っていたら書いていましたガイドブックに。東医宝艦村内の京福宮復興事業に携わった大工の頭領によって建てられたそうです。いや美しい!

◆ 韓方薬草湯 (会場案内図32)このマークが目印?
DSCF5240.jpg
処方した韓方で入浴ができるシステム。もちろん販売品もあります。
DSCF5236.jpg
このビンは色々なものが漬けこまれています。松ぼっくりには驚いた!
DSCF5227.jpg
ヨモギは干してありますね。
  DSCF5237.jpg
そして、男女別の銭湯?はカラフルな浴槽です。ここでじっくり浸かり効能を感じることができるのでしょう。
  DSCF5229.jpg

◆東医宝艦(会場案内図15)
韓医学に関する生きた学習場所。
  DSCF5225.jpg


今週中には開催する、2013山清世界伝統医薬エキスポ。45日間の開催です。
この季節は、山深いので秋の気配を感じることができ気持ちいいだろうな~。
トレッキングコースもあります。完成した会場でまた『気』の充電に行きたいな

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回FAMツアーでお世話になった先

◆イッツコリアエージェンシーIt`s Korea Agency
  お問い合わせ先 : itskorea88@naver.com (日本語可能です)

             
大蔵経千年世界文化祝典
   期間  2013年9月27日から11月10日
詳しいことはこちらのサイトへ(日本語)
                 大蔵経祝典マスコット


2013山清(サンチョン)世界伝統医薬エキスポ
   期間  2013年9月6日から10月20日
詳しいことはこちらのサイトへ(日本語) 
                        2013山清世界伝統医療エキスポマーク

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/586-06d1b09f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。