スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大邱チームの大分弾丸ツアー【とり天】 ① 

以前福岡で開催された、アジアフェスタにてお世話になった大邱チームもいらっしゃっていました。

そのメンバーがなんと大分まで足を運んでくれました!!!!

その時の様子をアップします。(2013年10月15日の出来事

題して【チーム大邱 大分・別府・湯布院 弾丸ツアー】

素晴らしいのがこの日福岡のユッキーさんも同行してくれたことです。ユッキーさんのお車で4人が大分入り!さすが、ユッキーさんどこに行っても心強いです。
待ち構えていたのは、こちら大分チームの私と、るるさん(るるさんは 5月に大邱に)

二台の車に、総勢6名でスタートしました。

なんせ日帰り、しかも夕方17時過ぎには福岡国際空港についてなくちゃならない(19時代発で韓国へお帰り)
大分⇔福岡間はざっと2時間かかります(バスでも、高速道でも、jRもだいたいそんなもんです)

無理をいって大分入りを11時ぐらいに(朝早くからすみませんでした)

◆迎えたのは 大分駅
こちら現在開発中?でいずれ博多駅の小型版のようになります。

車はあったのに、あれ?みんないない?
「ドラッグストアに行ったよ~」と。日本ならではのグッツをご購入のようでした。

ちょっぴり小雨の天気でしたが、大分市に来てもらったのは訳があります。

だって、みんな別府・湯布院ばっかりで大分市こんやん~~(方言:こないじゃん)

るるさんと、打ち合わせしてて大分市には絶対来てもらおう。と。そして別大国道を見せたい!と。
そこは、別府と大分市を結ぶ湾沿いの国道で景色がよく、お天気が良いと豊予海峡のかなたに四国は愛媛が見えます。
中間には山側に、天然日本サルで有名な 高崎山自然動物園。海側には腹筋するオットセイがいる うみたまご が位置するんです。
絶対見せたい~ドライブ~(っていっても移動の20分ぐらいですがね)

でもでも小雨・・・解説はドライブしながらばっちりしていざ別府へ。

◆ランチは、とり天発祥のお店 【東洋軒】
予約しててよかった~。
12時から約一時間お食事タイムです。
大分県は鶏肉の消費が全国でも高く、グルメも当然鶏料理が多いのです。大分市・別府はとり天 鶏の天ぷらで、酢醤油のカボスと洋辛しで頂きます。
(最近は、から揚げも有名ですがね)

DSCF8631.jpg

自己紹介したり、再会を喜びながら英語?日本語、韓国語が飛び交いました。

「美味しい!」頂きました。ムフフ

DSCF8628.jpg


リクエストのあった湯布院は最終目的地としてランチのあとは・・・


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+
 お店情報【東洋軒】
大分県別府市石垣東7-8-22
■営業時間/[昼]11:00〜15:00(14:30オーダーストップ) [夜]17:00〜22:00(21:30オーダーストップ)
※土・日祝日は14:30〜17:00の間も、とり天単品、とり天定食、お持ち帰りとり天、のみの営業をしています。
詳しくはこちら

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/605-ae8020f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。