スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムスン美術館 ② ~カルディ展 Calder 

引き続き ソウルにある美術館のお話。

野外彫刻をみたら・・・入口は緩い下り坂。遊び心~♪
DSCF7330.jpg
で左のガラスに映ってるのが、ガーデンの影でワイワイやってる学生たちのシルエットがいい感じ。
DSCF7333.jpg
折り返して更に下り展示室へ。
入口

企画展の【Calder】名前は知らなくても、こんなモビール見たことないですか?
IMG_4696.jpg

動く彫刻とも言われています。このおじ様(Alexander Calder アレクサンダー・カルダー)の特にモビール作品、私的には、スペインの画家ジョアン・ミロの動く版や、バウハウスのパウル・クレーの色彩を思い出すリンクする作家さんです。(個人的な意見ですので)

しかし、共同企画展だけあって、見どころ満載な内容に ホクホク時間を忘れじっくり楽しみました。
館内は基本撮影OKなので(有難い)嬉しい~ 記憶も、記録も撮りました。

彫金ジュエリー 
IMG_4671.jpg
これ好き~~。これ観たときに写真いいですかって聞いたんです。荷物はロッカーに入れてて手元には携帯しかないので、ちょっとクリアでない写真が続きますが・・・。カエルだよ~
IMG_4672.jpg

彫刻とかどれをとっても、うぉ~っと一人ニヤニヤしていました。折り紙みたいだったりや~何てったって楽しいのです。
見た方がわかると思いますので、ピックアップしてみました。

出来そうでできない。やっぱりデッサン力っていうか読み取って形にするって尊敬する。
(学生時代、彫塑をしていて見るまま写し取るって奥が深かくって・・・)
IMG_4674.jpg
いやいや楽しい!
IMG_4679.jpg
アップじゃわからないけれど。。。。
IMG_4699.jpg
こうしてみると、大きいのわかります?人間のシルエットも一役買ってる。
IMG_4685.jpg
展示の仕方もよかった。でも、学芸員多すぎ~~暇そうだし・・・。もっと静かに見たい。
IMG_4700.jpg
これ欲しかった。
IMG_4702.jpg

IMG_4717.jpg

IMG_4728.jpg

いや~いつもの展示会と違って見上げる距離が違った。そしゃそうですよね、吊り下げられてるし。
モビールって、影も楽しいのです。

さて。。。企画展の後は常設展です・・・・


【Calder】
過去の企画展として、サムスン美術館Leeumnに掲載されています。
こちら

☆お友達machinoさんが行ったときの事書いています。
【韓国アート散歩】この記事

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/643-bb413462

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。