スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着付け教室 11月 

11月は袷

普段着の着物を義母から頂いたのでそれでお稽古。

黒の菊の模様。地模様にも菊が入っています。
これに、芯のない面白い帯で遊びました。(正確には先生に帯を遊んでもらいました)
着付け教室
この帯も両面使えます。
片面はピンク系。もう片面はペパーミントグリーンでレトロちっくな蝶の柄。
お部屋のアクセントにもいいかも。


そして、半帯で簡単に結べる『貝の口』
これ簡単だし、車に乗っても帯を潰すとか気にしなくてよい普段結び。
貝の口
この帯はリバーシブルで、私の浴衣の帯としてず~~~~っと使っていました。
縞って粋ですね(江戸時代に庶民に特に愛されました)

丁度、実家で着物の虫干しをして片づけた日だったので、使えそうな帯を沢山持って行きました。
着物と帯プラス帯締め、帯上げで表情がいくらでも変わるんですよね。
そして、一番はあててみること!! 
お洋服と違って、お着物の色イコール、ベースカラー(全体面積の大部分を占めます)
残りの、アソートカラー、アクセントカラーが帯周り。
柄☓柄なのに・・・合うんです。不思議!

さあ、お正月これで割烹着来てなら、お手伝いが出来るかな?


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/75-746273ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。