スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blue☓yellow 

先日地元サッカーチーム『大分トリニータ』の観戦を見て・・・

ちょっとに視点をずらしてみました。

『大分トリニータ』のテーマカラーは blue☓yellow(公式表示)
team_logo.gif クリックすると大きくなります。


その意味は・・・

ロゴ・タイプ・エンブレムに使用する色は、大分の自然を意味するブルーと太陽の光を意味するイエローの二色をOITA TRINITAのチームカラーとします。(HPより)

大分の自然とは・・・
自然の代表は海と山でしょうか。海=青と想像しやすいと思います。
じゃあ山は?緑と思いがちですが日本語は青を緑色にもいいます。(信号機で赤青黄色といいますよね)
表現では、青い山脈とか、青々としているとか
また陰陽五行説で「春」を示す色が青でもあります。(そこから若さを表す、青春とか青二才とか)

そうそう、杜甫(トホ)の漢詩にも・・・
江碧鳥逾白 山青花欲然 今春看又過 何日是帰年
(江 碧にして 鳥逾いよ白く山 青くして 花然えんと欲す
今春 看すみす又た過ぐ 何れの日か 是れ帰年ならん)

ちなみに・・・ハワイ語のblueにあたるuliuli(ウリウリ)も海や山の色などに用いられます。

・・・・自然を色で表現するときは"青”が良くつかわれるということですね。 

太陽の光を意味するイエロー
正確には、太陽の光は無色透明です。
でも、表現するときってやっぱり光り輝くイエローなんですね。
あくまでも太陽の赤でなくて、です。
(※日本での一般的連想される太陽の色=赤です 国によって違います)
とは、希望や期待といった感情も意味しますよね。(あっ絵文字も黄色)
そして、黄色は少量でとても目立つ色です。なので分量は重要なのです。

『大分トリニータ』の色を分析すると、もちろん黄色は少量でアクセントカラー(強調色)です。
青のバックに黄色だから爽やかでもあるのです。もちろんスポーツなので速さも感じます。
もしこれが黒に黄色なら・・・?赤に黄色なら?・・・・
大分のイメージにそった色づくりが、『blue☓yellow』とされていますよね!

もちろんユニフォームやフラッグに使用されています。
20111203.jpg
さらに・・・ゴールのネットもこの色なんです
ゴール

で、対戦チームは黄色☓赤・・・このユニフォームちょっと?どうかと思いますが
・・・グリーンの芝の上で、blueと黄色と赤が動く・・・美しくない配色でした
20111203 3


そうそう、電光掲示板も テーマカラーが使用。(にくいな~)
20111203 2

サッカー観戦ももちろん楽しかったのですが・・・大衆色や広告物の色を分析するのもとっても楽しかった!(色の事語りだしたら止まらない・・・

大分は広告物も青が割と多いです。(正確には調査していませんが)
看板看板 2
看板 3看板 4
 クリックすると大きくなります
他にも沢山色々な角度からの情報があるのですが・・・なが~くなるのでこのくらいにしときます。(十分長いですね)

色彩学からの雑学
青と黄色の配色は、対照色相配色で共通する色みが感じられず、変化の大きい配色となります。
トーン(明るさやあざやかさの具合)は同じなので、同一トーン配色といえます。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

ぱらんまだんのHPにもコメント入れさせていただいたのですが、1月〜の色遊びの詳細(日にち、時間、金額、講座内容)わかりましたら教えていただきたいのですが…都合があえば伺いたいです

Re: タイトルなし

> 智子様

コメントありがとうございます!
色遊びの件別途メールさせていただきます。
楽しみにお待ちくださいね^^

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hyanri.blog.fc2.com/tb.php/86-b256ce5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。