スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州オルレ 올레! 九重・やまなみコース(5/10) 

5月のさわやかな土曜日・・・・私にしては久々の運動をしてきました。
12キロ時間をかけて歩きました。
その名も”オルレ” これは、韓国の済州島方言で 「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。
このオルレを歩くことが数年前から大変な人気となり、日本の各地に同じようなコースが生まれたそうです。

実は二年前その下見がてら歩きました。201201のブログ

大分の九重からやまなみのゴールま12.2キロ。大分県以外からの参加者もいて200人越えとか!
10時出発で途中でおもてなしを沢山受けて、13時半ぐらいの到着。
3時間半ぐらいですかね!自然の中を歩きました。

スタートにはもちろん韓国語も。そして”カンセ”という済州島馬をかたどったマーク。
スタート看板
ビュースポットや休憩ポイントに設置されています。

矢印の赤青の立て看板もあります。
DSCF2074.jpg

もちろんリボンも、赤と青
(日本だと登山ルートには黄色いテープや赤が使用されているので、青は新鮮ですね)
DSCF2116.jpg

このあたりは九重連山に位置するので新緑に囲まれています。いつもはドライブする道の脇をとおったりで楽しい発見が沢山さんありました。

またいい感じにポイント地点があり、ふるまいも沢山受けました!

◆1キロ地点・・・筌の口温泉郷ではちょうど温泉祭り 甘茶のふるまい!
          筌の口温泉
◆4キロ地点・・・ミルクランドファーム ジェラート300円 早速甘いのが嬉しい
ミルクランドファーム
DSCF2090.jpg
DSCF2088.jpg
DSCF2082.jpg

◆6キロ地点・・・九重自然観  バナナの支給がありました。あれれ食べてばっかり

水を張って田植えの季節です。
DSCF2094.jpg
山藤にせせらぎ
DSCF2101.jpg
並木道も気持ちいいです!
DSCF2081.jpg

◆8キロ地点・・・やまなみ牧場  濃厚な牛乳 OR ヨーグルト すっごく美味しかった。

山桜の奥に見えるのは馬と久住連山
DSCF2105.jpg
小川の上の橋は、丸太。
DSCF2114.jpg
草スキーが出来そうな新緑の山肌
DSCF2118.jpg

◆ゴール地点・・・かぼすジュース ゆずまん のお土産を頂きました。
DSCF2127.jpg


季節もよく野焼きした後だったので、みなさん ぜんまい採り を。私もとうとう最後には採りました。
ほんの一握りでしたが、お味噌汁に入れて 山の恵を頂きました

ずっと運動不足だったので最初は挑戦できるか不安でしたが、新緑や食べ物、そして可愛い花々のお蔭で歩けました。
まさに自然の恵みに感謝です。帰り道はもちろん筋湯へ。そこのうたせ湯を利用しました。
ロード


◆九州各県のオルレ、今が一番いい時期(秋もいいかな)参加してみては~

詳しくはこちらへ 九州オルレ


◆そして、この山々を写真に収めた方がいます。
カメラマン 川上信也 氏  詳しくはこちら【九州 色彩を巡る旅

最後のは以前彼のブログの表紙だった一枚を思い出しながら撮ってみました。
7月には新しい写真集も出版予定だし、写真展もあるので楽しみです。


ラムネ温泉 

シュワワワ~ と 細かい炭酸の泡が体中に付く そんな温泉です。【ラムネ温泉】
大分県の長湯にあります。
この一体にはたくさんの温泉宿や温泉があります。その一つです。

このシュワワワ~が体をほぐしてくれます。

露天風呂のラムネ温泉は32度。まだぬるく感じました。なので内風呂42度と行ったり来たり・・・
サウナもありましたよ。
お風呂の作りも面白いのですが・・・お写真はありません。
HP見てくださいね。可愛い窓などの解説付です

特徴的な外観も必見ですよ。焼き杉の黒と、漆喰の白のストライプ!
建築家 森本照信氏 によるものです。
長湯を愛する、赤瀬川源平氏の紹介で実現したとか!いや~やっぱり”おんせん県おおいた”なんですね。
あらゆる分野の方がお湯に浸かりに来てくだあってるんだ
DSCF2069.jpg
ここは日本?なんて思っちゃいますよね? それでいて周りの景観になじんでいます。
屋根は銅版ですね~。
DSCF2070.jpg

そしてこれがこちらのイラスト!とっても可愛いでしょ^^
先に上がって待合室では色塗りもできます。(ポストカードになっています)
10304444_10152042699882050_957263075939223670_n.jpg

併設のギャラリーは以前は有料でしたが、今回行ったら無料になっていました。
気になっていたので嬉しい!
文豪 川端康成氏と、大分の山々を沢山描いた画家の高田力蔵氏の関連作品があります。
お風呂上りに、覗きました。

DSCF2068.jpg


【ラムネ温泉】
〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯7676-2 
 TEL 0974-75-2620(FAX兼)
Eメールアドレス lamune_o@elf.coara.or.jp 
家族風呂もありますよ。大浴場は大人500円です。

詳しくはこちら

ドライブコースの途中に温泉に来てみませんか!おすすめです。

東洋のロダン! 朝倉文夫記念館(朝地) 

大分県にはなじみの深い芸術家が沢山いますが、東洋のロダン!と言われた彫刻家の故郷が大分県の朝地です。

朝倉文夫】さんです。
今年、長女の朝倉摂さんがなくなりました。舞台芸術でご活躍されていました。
妹の彫刻家、朝倉恭子さんは現在もご活躍かと。

彫刻界の著名な方です。
大分県出身ということもあり、地元では”朝倉文夫賞”といいうのが幼いころよりありました。

私が学生時代に彫刻を専攻していた時、よくこの方の作品を眺め勉強しました。

おっと、前置きはいいか。今回久々に母のリクエストで行ってきました。朝地に【朝倉文夫記念館】ができて16年たつそうですが何と母は一度もいったことがないと・・・(これは失礼しました。美術館は好きなので行ってたつもりでした)

晴天に恵まれたその日。
まずは、愛の園生には、毎年開催されている大分アジア彫刻展受賞作品が点在し景色と同化しています。
DSCF2052.jpg
新緑がまぶしく、お散歩にも丁度いい。
DSCF2053.jpg
野外彫刻はその素材が年月とともに味が出てきます。素材の石や鉄、ブロンズ・・・
DSCF2066.jpg
DSCF2067.jpg

本館の前にはUFOが^^ 秋にはUFO内部に入れるとか(笑)これも受賞作品です。
DSCF2056.jpg

記念館には彼の代表作品がゆったりと展示されています。
東京にも彼のアトリエが登録有形文化財にもなっています。台東区立朝倉彫塑館として残っています(まだ行ったことがない)

ゆる~~く ゆったり 郷里の芸術家の作品や足跡を感じることが出来た時間でした。
DSCF2063.jpg

この場所は、出来た当時(1990年)私のお絵かきの先生でもあり、彫刻を教えてくださった恩師と訪れた場所です。
偉人の作品ひたすら舐めるように見て、創作意欲が高まっていたのを思い出します。
その恩師も亡くなり3年。。。。すこ~し 受け入れられるようになったようです。母も私も恩師の思い出を胸に抱きながら見ていました。


【朝倉文夫記念館】
〒879-6224 大分県豊後大野市朝地町池田1587-11
TEL0974-72-1300 FAX0974-72-1302 E-mail : d402021@bungo-ohno.jp

アクセスや詳しいことはこちら

季節の花々 

春の桜や菜の花が散ると、一気に新緑が芽吹いてきます。
もしかしたら一番好きな季節かもしれません。

GWに見つけた花々のショットです。

こちらは美術館の一角で見つけた藤です。
DSCF2048.jpg
房が優雅に下がっていますね。
DSCF2051.jpg
こちらも鮮やかなピンクのつづじです。
”つづじ”といえば、小学生の帰り道蜜を吸っていた記憶があります。
DSCF2065.jpg
そしてこちらは、くじゅうの野焼きをした後に見つけた”山の花” 春りんどうです。
とっても小さいのですが、可憐で美しく山歩きを楽しませてくれます。
奥に見える黄色は、タンポポです。
DSCF2097.jpg

アルゼンチンタンゴ♪ 

5月1日にアルゲリッチ演奏を聴いた翌日は・・・

アルゼンチン繋がり?で

【アルゼンチンタンゴ】に行ってきました。
時間と場所と価格しか確認していなかったのですが・・・・

行ってみてなんと

アルゼンチンタンゴの音楽(ピアノ、ヴァイオリン、アコーディオン)とタンゴの踊りがセットという
かなり贅沢な舞台でした。

tango2014_flyerA 3535


予備知識は何もなかったのですが、誘って頂いた方Sさんのセンスがいいので即決
(しかも ICメンバーのこの日がお誕生日メンバーがいたので B・Dパーティも決行)

ヴァイオリンの方のお話しも聴きやすくて笑いながら演奏を聴きました。
聴いていると・・・・あれ!ダンサーのお二人が登場。
なるほど、それで会場がコの字型なのね。
一体何曲踊ったことでしょうか。毎回衣装がが違い、表現も違いかなり釘づけでした。

ピアニストの細いこと、、、そしてダンサーのリリアナさんは背中の筋肉まで美しく引き締まってる。
ちらっと、ダンスしたら背中とかきれいになる?なんて思いました。
継続じゃなきゃ無理だよね・・・

いよいよ明日がツアーラスト公演!是非福岡の方足を運んでください。
楽しいですよ~

私はMちゃんと一緒に自慢の大きな拍手をしまくっていました(笑)


【アルゼンチンタンゴ   トリオ・ロス・ファンダンゴス】

こちらをご覧ください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。